人気ブログランキング |

カテゴリ:福岡市 博多区( 122 )

JANKY!!@美野島

たこ焼きやソフトクリームなんかをテイクアウトメインで提供していた美野島のJANKY!!が今月の1日からラーメン屋として生まれ変わりました。スタンド形式(立ち食い)のカウンター席と1卓だけ用意されたテーブル席という形態の営業です。10月いっぱいはラーメンを1杯420円で提供するということです。

JANKY!!@美野島
f0150355_8443232.jpg


ラーメンを注文した。

続きはこちらから

by cafeh | 2009-10-04 09:12 | 福岡市 博多区

入船食堂@住吉

あのザビ家がとうとう新型麺を実戦投入!

 ア・バオア・クーの増強完了!これでサイド3もしばらくは安泰のようです。




せーじさんから情報をもらっていた入船の麺変更NEWS☆
さっそく確認しに訪問しました。

夜の入船食堂サイド3@住吉
f0150355_865247.jpg


時刻は9時過ぎ閉店までのアフターアイドリング状態でしょうね。すっかり落ち着いた感じで昼間とは別の顔。ドタバタのランチタイムしか来た事なかったので新鮮です。夜の入船もいいもんですね~。

せーじさんからの指令で来ました!”と大将に宣言してビールと例のブツを注文。

続きはこちらから

by cafeh | 2009-09-25 08:40 | 福岡市 博多区

長浜ラーメン本舗@中洲

□飲んだあとはカレーを食べましょう

飲んだ後はカレー派の僕ですのであまり酔っ払ってラーメンは食いません。酔っ払って弱った体に脂っこくて化調たっぷりのスープや肝機能障害を増長させるようなカンスイまみれの麺を啜ったり自爆行為とも思えるような事はせずにおとなしくカレーを食った方が何倍もいいと思うのです。飲んだ後にカレーかよ・・とよく言われますがカレーのターメリックがウコンならそっちの方が理に適ってると思うのですが・・・。酔っ払って“おーし!ラーメン食うどー!”なんてさっきまで散々ぱら飲み食いしてたのに勢いで暖簾をくぐるのを見ていると、特攻隊のように見えて少しカッコ良くも悲しくなるのです。


~閑話休題~

散々飲んだあとに小腹がすいたのでラーメンを食べにいきました。こういうのを“自分の事は棚に上げて~”というのでしょうね。中洲大通りにある長浜ラーメン本舗です。

長浜ラーメン本舗@中洲
f0150355_1027329.jpg


続きはこちらから

by cafeh | 2009-09-23 10:52 | 福岡市 博多区

めんめん@三筑

現在時刻はAM3:56・・・

f0150355_544187.jpg


こんな時間に車を走らせトンコツを求め彷徨うときにしみじみと感じるのは“ああー元祖があったらなー”って事なんです。某エライ人も書いておりましたが予想以上に自分が依存していたのにはビックリしております。・・・が、それ以上に驚いたのは確かに肉体的な欲求は強いけど精神的にはそれほど欲していないという事です。“あのガンソが無くなったっていうのに・・・アタシも案外・・さびしくないのね・・”なんて浴槽につかりながら呟いたりしております。

めんめん@三筑へ。
券売機でラーメン(500円)の食券を買い席に着く。
f0150355_542350.jpg


続きはこちらから

by cafeh | 2009-09-22 05:23 | 福岡市 博多区

入船食堂@住吉

【NEWS】
大橋のかめぞうが住吉5-2(谷口米穀店横)に新店を建設中。これは完全に龍龍軒のセカンドブランドとしての展開か?はたまた全く独自路線の展開か今後の動向に注目。看板には“1日限定30杯 まぐろラーメン”の文字。一日限定○○杯!という謳い文句が龍龍軒らしくて頬が緩む。串木野で一度だけ食ったことがあるまぐろラーメンはマグロ出汁の黄金色の澄んだスープにまぐろの切り身が乗った個性的な奴だった。生臭いか?と懸念したがナンノ!力強い出汁のスッキリした旨みで驚いた記憶が蘇る。これは気になるのでオープンしたらマグロ狙いで是非啜りに行きたい。

【お知らせ】
19日11:32分
ヘッダー部分のデザインを変更しました。




入船食堂@住吉へ。すっかり安定しましたね。
f0150355_7294320.jpg


ラーメン中(550円)を濃い目、油(普通)、麺(ちぢれ 普通茹)・うずらトッピングで注文。麺の種類が選択できなくなっていたのは残念、家系×細麺は目新しかったからね。でもやっぱりこの手のスープは家系という先入観からくる固定観念か?やっぱりちぢれで食うのが一番美味いと思うとです。夏場大好評だったグリーンメン(グリーンカレーのつけ麺)は提供期間を延長とのことです。


ガンプラ・・増えてる・・ね・・。

続きはこちらから

by cafeh | 2009-09-19 07:51 | 福岡市 博多区

もち月@博多駅南

駅南のもち月へ。

f0150355_805139.jpg


魚介豚骨を注文する。

続きはこちらから

by cafeh | 2009-09-18 08:39 | 福岡市 博多区

雷蔵@諸岡

オープンしてもうすぐ1年が経とうとしています。

オープン当日崩壊したオペレーション。何がどーなったらそーなるのか?ラーメンが出てくるまで30分というとんでもない長い待ち時間を体験したあの日以来すっかり足が遠のいていましたが再訪です。厨房に2名ホールに1名。サクサクと回っております。すっかり安定したなー。なんて思いながらラーメンを待つ。いや!待ってないスグ出てきた!素晴らしい!座って2分で出てきたので厨房のラーメンを作るスピードは15倍になったという事です。これは素晴らしい!ウサイン・ボルト換算で100Mを0.53秒で走り切る上達ぶりです。

雷蔵@諸岡
f0150355_7373531.jpg


続きはこちらから

by cafeh | 2009-09-16 08:00 | 福岡市 博多区

虔十@博多駅前

虔十へ行く。“けんじゅう”と読みます。


宮沢賢治著の“虔十公園林”からとったのかな?

虔十公園林は小学校の時に読んだ。ずいぶんと昔の事だがラストが痛快な作品だったと覚えている。知的障害者の虔十という少年を通じて色んな事を考えさせられる短編だった。痩せた土地に木を植えることを思いついた虔十はみんなにバカにされます。しかし虔十は木の苗をたくさん植えるのです。痩せた土地では木は育たず背の低いミョウチクリンな林になるのですが、虔十はそこに子供たちが遊びに集まって来る事が嬉しくてしょうがないのです。やがて虔十は死に、子供達も大人になり、虔十の住んでいた村が大きな町になっていきます。すっかり変わり果てた村の姿と変わらずにあり続ける虔十の林。それを見たかつて虔十の林で遊んだ子供たちは・・?ラストは読んでみてください。


“肉そば屋 虔十”の店内に一歩入ると昭和にタイムスリップする。ホーロー看板やホッピーの提灯が泣かせる。そしてBGMがド昭和(笑)襟裳岬を聞きながら肉そばを啜ることになるとは。大将にとってここが自身の“虔十公園林”なんでしょう。


肉そば屋 虔十@博多駅前
f0150355_8474696.jpg


続きはこちらから

by cafeh | 2009-09-11 09:06 | 福岡市 博多区

元気一杯@下呉服町

8/31の深夜確認の情報によると元祖長浜屋が閉っている。臨時休業との事だが、開店の目処は今のところ経っていない。色んな情報が錯綜しておりますが・・・。

みんな!落ち着いてーーー!!!

・・と一番動揺を隠せない自分自身に向けて言ってみます。


つか、心の準備とかいるんだからさー!予告ぐらいしてよーー!


心配になり元祖まで見に来てしまった。駐車場の場所にはバリケードがしてありなんとも物々しい雰囲気。券売機にはカバーがかられて、模造紙に“臨時休業”の文字。バリケードにかぶりつき店内を覗くとなにやら人影が・・。何かをしきりにチェックしているようにも見えるが逆光で見えづらい。出てきてくれんかなー?と少し待つがダメでした。このまま閉店じゃない事を祈ります。・・がこういう終わり方も元祖ぽくて悪くはない気がする。しかし不安です。このままじゃ迷子になった時、僕はどこに帰ればいいのでしょう・・。不安は尽きません。

【写真】9/1 AM10時頃の元祖長浜屋
f0150355_17114713.jpg
f0150355_171236.jpg




~閑話休題~

【お知らせ】
ブログを開始して1年が経ちました。
掲載した店舗数も280軒を超えそろそろ自分でも分からなくなってきました(笑)
地域別に振り分け、店舗毎に住所と電話番号と過去の記事にジャンプできるINDEXを作成しました。
何かのお役に立てればと存じます。

ラーメン屋リスト←クリックで別ウィンドウが開きます。





元気一杯に行く。

さぁ!問題です。下の元気一杯の店舗画像の中に以前と明らかに変わった箇所が1つあります。

答えは下の“続きはこちらから”をポチッ!


f0150355_17142128.jpg


続きはこちらから

by cafeh | 2009-09-01 17:18 | 福岡市 博多区

烈士殉名@ラースタ2

“信濃神麺烈士殉名”

しなのしんめんれっしじゅんめい、、と読みます。右翼団体か?はたまた戒名か?と見まごう名前ですが繰り出す一杯は非常に上品な一杯ですばい。


しなのしんめんれっしじゅんめい・・・
しなのしんめんれっしじゅんめい・・・

おし!完璧覚えた!

んじゃ

気になるアイツをば・・・・。

f0150355_835228.jpg


前回啜った“極上白醤油垃麺”にいたく感動した。これはそのまま和食でも通用するのではないか?と思えるほどキチンとしたラーメン。有り余るほどの行儀の良さに・・これを出す店が二郎インスパイアを出すのかー!と非常に興味津津。岡村二郎を啜りにやってきました。

続きはこちらから

by cafeh | 2009-08-12 09:15 | 福岡市 博多区