人気ブログランキング |

カテゴリ:福岡市 博多区( 122 )

はかたや@東光寺

□胃痛は終息へ、しかし若干の違和感アリ、完治はまだ遠く。

年末のドタバタから一転、正月にノンベンダラリと食っちゃ寝の生活をしたツケが胃に来たか?3日の晩からシクシクと痛み出した胃痛もやっと終息した。しかし油断は禁物、薬を飲みながら脱ラ!脱酒!の生活を送っております。胃の出口付近が炎症をおこし出口が狭くなっているらしく、胃の中の物が上手く十二指腸側に流れていかない。ポジティブに考えると物凄く腹もちが良い状態でなかなか腹が減らない。新手のダイエットか?いやいやヤツレテいるだけか。毎日うどんばかり食っております。

正月でぼやけた頭にイナズマが走ったのは4日の晩の事。NHK総合で放送された「7サミット 極限への挑戦」を見てから。数年前までニートだったという登山家・栗城史多の命がけの挑戦。このドキュメンタリーは秀逸!山にぶつかり跳ね返ってくる命の音を楽しんでいるような栗城が最後に流した涙と決断する勇気。さあ!やるぞ!と翌日からの仕事に力をもらう事となりました。明日9日(土)午後4:45~NHK総合で再放送されます。興味のある方は是非。

番組HP【7サミット 限界への挑戦



胃痛の為、蔵出し投稿が続きます。


デフレラーメンといえば僕の中では“はかたや”です。

膳や六分儀、凄六などあれどやっぱりココです。


はかたや@筑紫通り店(博多区東光寺町)
f0150355_7244921.jpg


続きはこちらから

by cafeh | 2010-01-08 07:44 | 福岡市 博多区

金龍@半道橋

□ラーメン カレー チャーハン 漫画

その店ではラーメンは全体を構成する1/4です。
堂々と漫画と書いちゃう潔さが好き。

金龍@半道橋
f0150355_748482.jpg

ここの金龍は“東光寺店”ですが同店舗がある地名は“半道橋”です。東光寺より半道橋の方が都市高のインター等もあって地名的には知名度が(オヤジギャグです)上だと思うのですがどうなんでしょうか。ちなみに東光寺1丁目のすぐ横(モスバーガーとなり)にある金龍は“筑紫通り店”です。

ここ数年で福岡市には一杯あたり300円前後の激安ラーメン店が随分と増えました。デフレラーメンなんて言われながらしのぎを削っております。現在金龍は一杯320円。当初は400円と記憶しておりますがジワジワと値段を下げ始め現在は320円のデフレラーメンゾーンに片足だけ突入。そして全面に押し出す“漫画”。さてさてこの先どこへ行くことですやら。

続きはこちらから

by cafeh | 2010-01-07 08:15 | 福岡市 博多区

一蘭@中洲 +暮れの事

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いします。

31日の事
f0150355_7551713.jpg

笹丘3丁目食堂から年越し蕎麦が届く。綺麗な麺線です。ほんと面倒見のよい兄さんです、来年もよろしくお願いします(笑)その日の晩、紅白が終わろうかというくらいのタイミングで海老天そばに。プツンとした歯ごたえ、ツルンとしたのど越しとホワーと鼻に抜ける蕎麦の風味が心地よい。すごいなぁー・・趣味のレベルじゃないですよ・・これは。
f0150355_7594797.jpg

コイッチにいさんありがとうございまーす。

続きはこちらから

by cafeh | 2010-01-05 08:51 | 福岡市 博多区

天下一品@博多駅前

□天下に類なきもの すなわちこれ天下一品なり

天下一品@博多駅前
f0150355_176252.jpg

天下一品(以下テンイチ)が大野城から無くなってどれくらい経つだろうか。最初に大野城でテンイチのラーメンを食べたときは本当に驚いた。鶏と野菜で作られた超濃厚スープに井の中の蛙、狭い料簡しか持たぬ我々福岡トンコツ民族は“鶏と野菜でこんなに濃厚なものが出来るのか?”と衝撃を受けた。博多駅前に移ってスープが徐々にライトになって行くにつれて僕はテンイチから足が遠のいた。今はどうなってるんだろう?かなりぶりの再訪となりました。

ラーメンはこってりと普通の2種類を注文した。
(※画像は全て普通の方です)

続きはこちらから

by cafeh | 2009-12-16 17:58 | 福岡市 博多区

ぶたや@駅東

西新から移ってきて初の訪問となりました。

ぶたや@駅東
f0150355_9204364.jpg

究極の細麺という看板が目立つので“究極の細麺”が屋号だと勘違いされている方もいるようですが、本当の屋号は“ぶたや”です。

ラーメン 500円
f0150355_9261968.jpg

トンコツがドカ!っと出て、素ダレがギュン!っと効いて背脂がプカプカと混じるなかなか押しの強い一杯に仕上がっております。それに合わせてこれでもかというほどの極細麺がダメ押しをする感じで、こういう組み合わせの一杯は博多に出張に来られたお父さん方は“嗚呼・・博多に来たバイ!”と思われること必至。しかしこの麺の細さは博多中を探しても特異なものなのです。これ以上細くなったら・・というか既に?素麺より細い気がします。

f0150355_9295468.jpg

極めて細い平打ち麺のため取り扱いには要注意のようです。まだスープがナミナミと入って麺が泳ぐ時は良いのですが、替え玉時などスープが減ってくると麺が泳がずにダマになりやすく、そうなると具合の悪いです。


なんじゃかんじゃ言うてますが、全体的には好きな系統であります。


ごちそうさまでした。

by cafeh | 2009-11-26 09:34 | 福岡市 博多区

博多濃麻呂@東比恵

旧三号線沿いにできた博多濃麻呂の支店へ。

博多濃麻呂@東比恵
f0150355_847475.jpg

1か月ほど前にオープンした時に行っていたオープン記念価格で食っておりますので、ラーメン1杯300円ですが通常は480円で提供されております。ラーメンを普通で注文した。木目調の店内は天井も高く綺麗、威勢のいい声が店内に響き今から船出する新店のヤル気を感じます。

続きはこちらから

by cafeh | 2009-11-17 09:07 | 福岡市 博多区

長崎亭@駅南

□マス対コア


福重の暖簾分けなのかどうかよく知りません。
生活圏にある長崎亭はこっちなので、僕の中で長崎亭といえば駅南店です。

長崎亭@駅南
f0150355_10172364.jpg


圧倒的多数がチャンポンを頼む中ポツンと一人でラーメン(450円)を注文した。
野菜を炒める時間が無いので待っている先客よりも先に出てくる。

ラーメン 450円
f0150355_1020308.jpg


醤油がやや強めの豚骨スープ。なんだかなぁ・・。醤油の効きも控えめ、豚骨風味も控えめ、旨さも控えめ。チャンポンがそこそこ良いだけに、通い詰めた常連の緊急回避的存在でいいのではないでしょうか?これならチャンポンを普通に注文し、替え玉をラーメン玉でという超裏技のほうが面白くて断然お勧めです。長崎亭は素直にチャンポンを食うべきだと思います。

f0150355_10232760.jpg
f0150355_10233533.jpg



ごちそうさまでした。

by cafeh | 2009-11-09 10:24 | 福岡市 博多区

勝楽@駅南

駅南の勝楽食堂へ行く。長年の宿題店はこのまま永久に宿題店のままかと思っておりましたが食って来たバイ。お昼時に入店するとL字のカウンターは満席御礼につき、L字の角っこに申し訳ない感じで着席。中華鍋がガチャガチャとコンロとぶつかり、バーナーがゴー!と勢いよく唸っている。美味しいオーケストラを聞きながらラーメンを待つ。

駅南@勝楽
f0150355_1526194.jpg

メニューはラーメンやチャンポンを軸とした大衆中華メニュー。横に配膳された皿うどんはパリパリタイプだった。ラーメンに替え玉は無い。スープ50円というのも非常に気になる。隠れた名店かはたまた妖怪店か?事前の情報が全くないまま飛び込むのは大変楽しい。

続きはこちらから

by cafeh | 2009-10-23 15:41 | 福岡市 博多区

明日香@美野島

涼しいを通り越して寒い


美野島の明日香へ行く。明日香へ向かう為のゲートロードには今月1日にオープンした新店“元祖美野島屋”がある。近くには新東洋、もうすこし行けば長浜御殿にshinshin。そして美野島商店街の端っこには入船食堂と激戦区になっておりますが、それぞれが違う個性なのであまり迷いません。


明日香@美野島
f0150355_810765.jpg


続きはこちらから

by cafeh | 2009-10-11 08:26 | 福岡市 博多区

元祖 美野島家@美野島

□美野島エリアに誕生したもう一つの新店

f0150355_7382477.jpg


3丁目のJanky!!と同日オープン(10/1)の新店はこちら2丁目の“元祖 美野島家”です。黒地に蛍光イエローの文字で染め抜かれた暖簾が色鮮やか。店内は至ってシンプル。メニュー構成も至ってシンプル。やはり元祖○○(地名)屋という屋号を福岡市内で見ちゃうとどうしても頭の中に出てくるアノお店。インスパイア店なのかな~?でも“屋”じゃなくて“家”だしなー・・、なんて勝手に想像しながら入店。午後2時過ぎで先客1名。

続きはこちらから

by cafeh | 2009-10-08 07:58 | 福岡市 博多区