タグ:坦々麺 ( 3 ) タグの人気記事

四郎@大橋

□ある大学でこんな授業があったという。

「クイズの時間だ」教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。「この壺は満杯か?」教室中の学生が「はい」と答えた。「本当に?」そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。そしてじゃりを壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。
そしてもう一度聞いた。「この壺は満杯か?」学生は答えられない。一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。「この壺はこれでいっぱいになったか?」 学生は声を揃えて、「いや」と答えた。教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。彼は学生に最後の質問を投げかける。

「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」

一人の学生が手を挙げた。「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、 いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」「それは違う」と教授は言った。「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私達に示してくれる真実は、大きな岩を先に入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ」君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり・自分の夢であったり…。ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、君達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう。そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体失うだろう。


~閑話休題~

大橋のらーめん四郎へ。

朝晩は涼しいが昼間は夏日が多くなってきました。このまま梅雨は来ないんじゃなかろうか?なんて危惧しておりましたが来週から天気は下り坂、とうとう福岡地方も梅雨入りかもしれません。らーめん四郎へ行き前々から気になっていた“冷やし辛々坦々麺(680円)”を注文した。


ラーメン四郎@大橋
f0150355_983398.jpg


そろそろ冷たい麺が美味しい季節になりました。しかし暑い日には辛い物も旨い。

では、辛くて冷たい麺でも啜りましょう。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-06-09 09:25 | 福岡市 南区

巴蜀@東月隈

□コウテイエキと聞けばユンケル皇帝液が頭に浮かぶ日々。


タフさんに連れられてデコボココンビは東月隈の巴蜀(はしょく)へ行く。はてなダイアリーによると巴蜀とは現在の中華人民共和国四川省一帯の古い呼び名。「巴」は現在の重慶一帯を指し、「蜀」は現在の成都一帯を指す。・・らしいです。四川料理と台湾料理を出すお店です。タフさんは酸辣麺、あたしは汁無し坦々麺を注文。


巴蜀@東月隈
f0150355_942266.jpg


巴蜀HPはコチラ

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-05-24 10:09 | 福岡市 博多区

福来家@半道橋

□節分です

福岡で節分にいつから太巻きを食べるごとなったっちゃろうか・・といっても食べた事はないのですが、今年の吉方巻き予約受付中!などと書かれたチラシを見ると大変違和感を覚えるとです。節分は豆だけまいときゃヨカ!バレンタインやホワイトデー同様に食品業界主導の販売促進が根底にあって金がチラチラ見え隠れするのであまり好いとりません。食品業界主導の販促の元祖と言えば“土用の丑の日にはうなぎを食べよう!”というイベントではないやろか?あのエレキテルば発明した平賀源内がこの販促のキャッチコピーを考えたという説が有力視されております。そもそもあのクソ暑い夏の日に脂っこいウナギやら好んで食べとうありまっせんもんね。ラーメン業界もなんか1つ販促イベント仕掛けたらどうやろか?○月○日は1杯のラーメンを2人で食べて愛を語る!・・どうかいな?

~閑話休題~

“鬼は~外!福は~内(家?)!”では無いですが、半道橋の福来家へ。中国の家庭料理ぽい定食を、本場の味付けで出してくれる町の中華屋さんです。麺類は9種類。その中でも“四川黒ゴマ坦々麺”と“牛スジラーメン”がお気に入りです。ちょこちょこコソ連のように通っております。2階席もあり1階と合わせると70名ほどキャパがあるそうですが本当にそげん入るっちゃろか?(驚)

半道橋@福来家
f0150355_801151.jpg

“イラッチャイマチェー!”と中国ナイズされたアクセントで優しそうなお母さんがお出迎えしてくれます。厨房とのコミュニュケーションは全て中国語。繁忙時には店内に元気な中国語が飛び交います。今回は沢山のメニューの中からお気に入りの麺を2つ紹介します。ランチ時はセットメニューとなっており全てにご飯・スープ・サラダ・漬物が付きご飯とスープはお替り自由となっております。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-02-03 08:25 | 福岡市 博多区