タグ:つけ麺 ( 16 ) タグの人気記事

新風つけ麺まつり まとめ

□いやー楽しかったですね

博多新風つけ麺まつり2010概要
2月22日 四代目けいすけ
2月23日 TETSU
2月24日 武蔵家
2月25日 新宿煮干 凪
2月26日 きび
2月27日 せたが屋
2月28日 7名で創作したオリジナルつけ麺

一杯850円 限定200杯


博多新風@高宮

※写真は28日最終日の行列
f0150355_953835.jpg


つけ麺を頑なに受け入れない鎖国状態の豚骨帝都福岡に6艘の黒船が襲来。
右往左往しに毎日新風へ通う日々が始まりました。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-03-01 10:59 | 福岡市 南区

一幸舎@筒井

□グーグルで“温水洋一”と画像検索かけると
 何故かSMAP草なぎ君の写真が出るので不思議だー

 ・・と書いたのはブログ本文に検索機能をつけました。
 本文中の調べたい単語をなぞるとアラ便利♪検索・翻訳・youtube・wikipedia・・といろいろ飛べます。
 携帯電話からと一部ブラウザは未対応のようです。



一幸舎太宰府インター店へ行ったのは未食だった博多デイトス店限定の“きらめき”を啜ろうと思ったから。券売機のきらめきのボタンには売り切れランプが点灯。店員さんに売り切れか?と尋ねるとまだやってないとの事・・おいおーい!フライング告知はイカンJARO・・・。

一幸舎@筒井
f0150355_2535699.jpg

ここ太宰府インター店は博多デイトス店限定の“きらめき”が啜れるだけでなく、博多元助・元勲のつけ麺に加え太宰府インター店限定の皿うどん、大名・中洲・太宰府インター店限定の特製からあげと1人一幸舎テーマパークと化しています。太宰府インターをつかって福岡市観光に訪れた方はここで啜ればなんとなく今の博多のラーメン事情の最前線が味わえる事請け合い、大変オススメです。

“きらめき”にふられた僕は先日食べたアレをアレで・・。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-01-14 03:17 | 福岡市周辺

博多元勲@平尾

□鶏×鶏=やっぱり鶏でした


元勲初訪問です・・。
とりそば(750円)とつけ麺(850円)を注文した。
f0150355_1081364.jpg


続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-01-12 10:29 | 福岡市 中央区

博多新風@高宮

32歳になりました!アザース!


博多新風でつけ麺(大盛り300g 800円)。

20分ほどお時間頂きますと言われる。待ちますよ☆美味しいつけ麺のためなら待ちますとも!

f0150355_1044459.jpg


モチムニゴリっとした太い麺と魚介豚骨のつけ汁。この日はやや豚が魚介に押され気味。魚が豚を押しこむと繊細さがでるのね。野太いつけ汁もガツンとパンチがあってよいが、こういう繊細さを感じるのも好きだな。やっぱり旨いです。

f0150355_10495718.jpg


ワシワシ!ズビズビ!っと豪快に啜るのがマナーのような気がします。


ごちそうさまでした。
[PR]

by cafeh | 2009-11-07 10:51 | 福岡市 南区

虔十@博多駅前

虔十へ行く。“けんじゅう”と読みます。


宮沢賢治著の“虔十公園林”からとったのかな?

虔十公園林は小学校の時に読んだ。ずいぶんと昔の事だがラストが痛快な作品だったと覚えている。知的障害者の虔十という少年を通じて色んな事を考えさせられる短編だった。痩せた土地に木を植えることを思いついた虔十はみんなにバカにされます。しかし虔十は木の苗をたくさん植えるのです。痩せた土地では木は育たず背の低いミョウチクリンな林になるのですが、虔十はそこに子供たちが遊びに集まって来る事が嬉しくてしょうがないのです。やがて虔十は死に、子供達も大人になり、虔十の住んでいた村が大きな町になっていきます。すっかり変わり果てた村の姿と変わらずにあり続ける虔十の林。それを見たかつて虔十の林で遊んだ子供たちは・・?ラストは読んでみてください。


“肉そば屋 虔十”の店内に一歩入ると昭和にタイムスリップする。ホーロー看板やホッピーの提灯が泣かせる。そしてBGMがド昭和(笑)襟裳岬を聞きながら肉そばを啜ることになるとは。大将にとってここが自身の“虔十公園林”なんでしょう。


肉そば屋 虔十@博多駅前
f0150355_8474696.jpg


続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2009-09-11 09:06 | 福岡市 博多区

大恩@神埼

34号線沿いの自由麺工房大恩へ。

独自路線で展開する面白いつけ麺を食いにきた。
f0150355_7522196.jpg


濃厚魚介豚骨、無添加スープ、自家製麺と謳われるとどーしても確かめたくなる。広めの駐車場はお昼時を外しているというのに7割がた埋まっていた。木目を基調の清潔感あふれる店内は奥が禁煙室となっている。ラーメンを食べている時に紫煙が漂って来ると帰りたくなるので、こういう配慮は大変うれしい。

つけ麺は2種類。味噌と魚介豚骨。味噌の方は200-300-400gと麺の量が同額で選べるが、魚介豚骨の方は並(460円)-大盛(520円)-特盛(580円)という設定。麺が違うのだ。魚介豚骨の方は5月末から小麦全粒粉からライ大麦全粒粉に変更となっている。


ライ大麦全粒粉を使用の極太自家製麺かー!これは気になる!


魚介つけ麺を並で注文し、入れるとコクが増すという“えび玉(10g-110円)”を追加した。

茹でるのにお時間8分ほど頂きますと言われしばし待つ。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2009-08-25 08:19 | 佐賀県