タグ:つけ麺 ( 16 ) タグの人気記事

風雲丸@鶴田

□暑すぎるんじゃないか?

気になってるお店がちらほらありますが全く行けておりません。こちらもその一つ。そーいえば博多麺業も、駅前にある塩ラーメンのお店も行っとらんなぁ・・。鳥栖にあるプシューって圧力がまで茹でるうどん屋は行った。山籠り期間が明けて里に下りたサルが真っ先に啜りに行ったのが島系だったことを考えると、俺はやっぱり島系が好きなんだなーと再確認。島系とガンソとすみれがあれば生きてゆけますが、ブログの為にモソモソとカウンターの隅にて啜る日々。食欲という3大欲求の一つをこんな形で捻じ曲げて、本来の欲求とは別の所で胡麻化して生きてゆくのは止めた方が楽だとは思いますが一向に辞めるつもりはありません。


風雲丸@鶴田
f0150355_13445380.jpg

賑やかな感じです。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-07-22 13:56 | 福岡市 南区

さつまラーメン@大手門

□とらや全店にて6/14よりつけ麺の提供開始

あのとらやがとうとうつけ麺に手を出したか・・。福岡エリアでもつけ麺人気がジワジワ上昇中ってことでしょうね。先日横浜ラー博が発表した“つけ麺はラーメンです!”という研究結果は、長年の難問に終止符を打ったというより、その背景にはプンプンと金の匂いがするのでどうも胡散臭い。裏をかえせばそれほどつけ麺人気が高いわけでして・・ラーメンとつけ麺は別物!と言いきっちゃうとラー博としても具合の悪いところか。山岸一雄氏がもりそばを開発して早55年。関東を中心につけ麺はつけ麺として独自路線を歩みながら着実に進化を遂げてきたはず。ブームという尻馬に乗っかって、どこでもここでもラーメンの汁にラーメンの麺を浸して手繰れば“つけ麺”やろ?なんて安易なやっつけ麺が乱立しない事を望みます。


さつまラーメン@大手門
f0150355_821165.jpg

今日はそんな(やっ)つけ麺のお話。


むかしむかしある所にラーメンが大好きなヨウスケという男がおったそうな。

ある日大手門村のさつまらーめんという店の前を通りかかったらつけ麺という幟を見つけたそうじゃ。冷やしつけ麺400円というお品書きをみたヨウスケどんは“こりゃなんかい!エラい安いやないか!”と喜び勇んで暖簾を潜ったそうじゃ・・。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-06-15 08:12 | 福岡市周辺

ボンズ@熊本市

□W杯開幕の実感ゼロ!

南アフリカ大会?あー・・なんかそんなのあったねー・・。みたいな事になりそうな予感がビンビンする!周りでW杯の話なんて一切でないのですが・・。どーしちゃったんでしょう。ついでに言うと新総理誕生の実感もゼロ!実感ゼロの国、希望もゼロ!未来もゼロ!情熱もゼロ!頑張れニッポン!(さーて、ラーメン・・ラーメンっと・・)


つけ麺ボンズ@熊本市
f0150355_9364099.jpg

カンカン照りの中、熊本入り。前回見事にフラれたつけ麺ボンズへ。カウンター席のみの店内。内装のタイルが北熊のまま。メニューはラーメンとつけ麺の2本柱。入口脇の窓に掲げられた浅草開花楼の木札を見ると心が躍るのはなんでしょう。

つけ麺を250gで注文した。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-06-07 09:56 | 熊本県

海鳴@清川

限定つけ麺を食べに海鳴へ。

海鳴と書いて“うなり”て読みます。


海鳴@清川
f0150355_8314523.jpg

鮮魚系つけ麺とのことで興味津津。鮮魚系?刺身になった魚の切り身をつけ汁にしゃぶしゃぶしながら麺と一緒に啜るのか?などと考えるも一向にわからず・・。当日に石の人と一緒に行く事となりました。

案ずるより食うが早し・・

限定つけ麺(800円)を注文した。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-06-04 08:48 | 福岡市 中央区

山頭火@志免

□山頭火、九州から撤退。


山頭火@志免
f0150355_9393030.jpg

志免のイオンモール福岡ルクル内にある山頭火でつけ麺(900円)。本日(5/31)付けで山頭火は閉店します。これにより山頭火は九州から完全撤退、九州の山頭火ファンは広島市内の店舗が最寄りとなります。種田山頭火から取ったであろう屋号ですが、種田山頭火の出身である山口県には店舗はありません。ずいぶんと前にアクロス前に出店してきた時ぶりの訪問。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-05-31 09:50 | 福岡市周辺

島系本店@志免

3日に1回は島系本店へ行く日々。

もう・・LOVE系本店。


先日は12時少し前にもかかわらず5名ほどの待ち客が出たりとスッカリ固定客もついた地元麺になってきました。舞鶴店で製麺するようになり、極太麺が力強く、そして変形平打ち麺のような不揃いなオモシロ麺になった。特注の変則的な切り刃を使用しているらしく、ここでしか食えない代用品の無い物に仕上がっております。指定無しで出てくる普通の麺もやや小麦感のUPと、やはりこちらも力強く変化した。5月17日より舞鶴店・志免店と同時につけ麺をリリース。自家製マー油入りの魚介をやや強めに感じるサラットしたつけ汁に、自家製のつけ麺用の全粒粉麺があわさる。茹でモヤシ、煮豚、煮玉子の具材と一緒にザブザブとつけ汁に潜らせて啜れば、しっかり島系テイストのつけ麺はこれが決してヤッツケ麺で無い事が分かります。ラーメンの突き抜けた感じに比べややパワー不足は否めないつけ麺でしたが、25日に改良版にて提供開始されました。客の声を聞き、つけ麺提供から1週間で改良版を投入してくるあたりに支持率が高い島系の理由が見えるように思えます。


島系本店@志免
f0150355_9265123.jpg

食券をカウンターの上に出すなり“カタで!”と言うお客さんが多いのですが旨いのでしょうか・・?いっぺん食ってみろうか・・・。この麺の仕様だとおそらく店側はカタと言われても普通に茹でて出しているんじゃなかろうか・・?客はカタで!と言っちゃう事でとりあえずは納得してると思うんです。そういう地区なんです福岡は。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-05-26 09:47 | 福岡市周辺

島系本店@志免

島系本店の新作つけ麺を啜りに志免店へ行く。

つけ麺!と書かれた新しい幟があがっております。


島系本店@志免
f0150355_9113587.jpg

5月17日より舞鶴店と志免店にて新作のつけ麺を同時リリース。舞鶴店は“博多つけ麺680円”と“博多特つけ麺850円”の2種類。志免店は“博多つけ麺750円”の1種類のみとなっております。具と麺の量にやや違いがある模様。舞鶴店の680円の物に煮玉子とモヤシがトッピングされたものが、志免店の750円の物で、そこからさらに麺の量が増えた物が舞鶴店の850円の物という認識で良いのでしょうか?詳しい人いたら教えてくらはい。麺を食べ終わったあとの〆はスープ割かご飯割かを選べるシステムとなっております。

つけ麺(750円)を注文した。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-05-18 09:29 | 福岡市周辺

信濃神麺烈士洵名@ラースタ2

烈士洵名のつけ麺無双を今更ながら啜りに行く。

ラースタは修学旅行の学生だろうか?中学生らしき学生であふれかえっていました。色々とウルサイご時世なのでレンズを向けるわけにもいかず・・店舗の写真は随分と前の物です。

信濃神麺烈士洵名@ラースタ2
f0150355_9153416.jpg

六厘舎とコラボのつけ麺だとか、確かそんな感じの一杯だったと記憶しております。つけ麺無双(850円)を券売機で買う。前で食券を買っている学生が“どこも高い・・”とこぼす。そーだよなー、ラーメンって高くなったよなー、どうかすると1000円くらい軽く吹っ飛ぶ現在のラーメン事情。牛丼がやれ280円だ、やれワンコインランチだなんていっている中で一部のデフレラーメンは除いて確実にラーメンはインフレの一途を辿っているように思えます。もしかしたらすでにラーメンは価格的にはB級グルメとは言えない所まで来ているのかもしれません。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-05-12 09:31 | 福岡市 博多区

博多ちゃんぽん ちょき@六本松

□GW期間中更新中止のお知らせ

明日2日(日)から5日(水)までは更新が止まります。
再開は6日(木)となっております。無駄足を踏まれませんようご注意願います。



博多ちゃんぽん“ちょき”へつけ麺を食べに行く。2月22日~28日まで博多新風で開催されていた“つけ麺祭り”で僕の中のつけ麺の立ち位置と経験値が良い方向へ動いたのは間違いありません。つけ麺って無性に食いたくなる時がありますが、この突き動かされる様な衝動は何なんでしょうか。最近よく話題に上がる“ちょき”へ。鶏スープのつけ麺らしいのですが、麺が慶史製ということで期待も膨らみます。


博多ちゃんぽん ちょき@六本松
f0150355_845995.jpg

六本松大通りのバス停の前にちょきはあります。ちょきって名前がカワイイですね。

つけ麺(750円)を注文した。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-05-01 09:07 | 福岡市 中央区

海鳴@清川

すっかりモタスポがメインになって申し訳ないです。

□今週の主なレース
F1 中国
IRL ロングビーチ
FN 鈴鹿
全日本F3 鈴鹿
WRC トルコ

今週はWRC以外はほぼフォーミュラのレース。とうとうFN(フォーミュラニッポン)が鈴鹿で開幕です。ナカジマレーシングでシリーズチャンピオンに輝いたL.ディュバルがドコモダンデライオンに移籍。F1もチャンピオンのバトンがブラウンGPからマクラーレンに移籍と、チャンピオンの移籍が目立つ年です。上海(F1)は決勝日には雨が振りそうな予報でこれまたレース展開が読めません。IRL(インディ)にシートを求めアメリカに渡った佐藤琢磨の第4戦目はロングビーチ。第3戦のバーバー(優勝はエリオ・カストロネベス)では最下位ながらもマシン修復後は速さを見せた琢磨。彼はトリッキーで時にはデンジャラスなレーシングスタイルではあるがそろそろ結果が欲しいところ。ロングビーチといえば1980年のF1でエンサインという小さなチームから参戦していたクレイレガッツォーニというドライバーがブレーキペダルの破損によりレーサー生命を断たれる大クラッシュをしたことを思い出す。チームのエンジニアがブレーキペダルを軽量化のためにスチールでは無くチタンで作った事が事故発生の原因だった。この事故を受けてレギュレーションにブレーキペダルの材質はスチールで、というものが出来たと記憶している。レガツォーニがショボイレーサーならこの事故で命を落としていただろうと思えるほど、事故の惨状は凄まじいものだった。ロングビーチはストリートサーキット、故にまともなエスケープゾーンなどあるわけが無く、周りをコンクリートの塀が取り囲む超ツイスティーでバンピーなコース。つまりコースアウトしたら即クラッシュというわけです。200キロオーバーでコンクリートブロックにTボーンクラッシュすれば当時のヤワなF1モノコックでは命の保証はない。走行中にブレーキを失ったレガツォーニは瞬時に3速へシフトダウン、エンジンブレーキを利用しながらスピンアウト、コース脇に止めてあったロータス(だったか?)のマシンに自らぶつかりにいったのだった。その間約2秒!驚きの判断力と反射神経である。命は無事だったが脊髄を損傷したレガツォーニは車いす生活となりマシンを降りた。しかし根っからのレーサーオヤジは身障者用の特別装備のマシンでパリダカラリーに出たりと精力的に活動。日本では身障者用の装備付きのNSXを駆りホンダのCMでサーキットをかっ飛んだ映像を見た時は思わず涙がこぼれた。

YOUTUBEよりレガッツォーニ出演のホンダCM
Clay Regazzoni and his NSX HONDA.


海鳴@清川
f0150355_16471587.jpg


つけ麺を・・

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-04-15 16:55 | 福岡市 中央区