<   2010年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

龍園@薬院伊福町

薬院伊福町にある龍園へ。

ここら辺は薬院伊福町(やくいんいふくまち)、古小烏(ふるこがらす)、御所ヶ谷(ごしょがたに)、平丘町(ひらおかまち)、山荘通(さんそうどおり)、平尾浄水町(ひらおじょうすいまち)やら狭い範囲で個性的な町が区切られていて何となくこういうエリアは歴史を感じて好きです。下の中世博多の古地図を見てつかぁーさい。(注:南北が逆転しております。北が下側になります。)美野島がかつて蓑島と呼ばれていた頃はポツンと那珂川の河口に浮かぶ小島でした。その先には広い冷泉津という海が広がってその先にある細長い海岸線が長浜です。名前のごと昔はホントに長い浜やったとです。昭和通りやら明治通りは道路がまっすぐ延びとりますけど、長浜通りだけはクネクネ曲がっとるのは当時の海岸線が曲がっとるからです。今の天神やら福岡の繁華街はこの当時は海の底です。地図の右側にある平尾村って書かれた辺りに、薬院伊福町やらあります。薬院伊福町から山荘通りに抜けるには山を越えて行きまっしょう?これくらい小高い丘の上やないと中世博多じゃ海の底です。平尾村の西側には草香江という海が広がっております。草香江辺りも海の底やったとです。草香江の海を越えると伊都の国です。草香江の海岸線辺りに現在の福岡市城南区の島廻橋(しまめぐりばし)ていう地名があります。これは僕の推測ですがここら辺から筑前から伊都へ渡る船が出たりしとったっちゃないでしょうか?だから島廻り橋ていうとかいな?昔の事を考えるとは面白いです。


博多古地図
f0150355_8145478.jpg





龍園@薬院伊福町
f0150355_748664.jpg


大将と息子さんの2人だけの店内。

ラーメンを注文。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-06-16 08:31 | 福岡市 中央区

さつまラーメン@大手門

□とらや全店にて6/14よりつけ麺の提供開始

あのとらやがとうとうつけ麺に手を出したか・・。福岡エリアでもつけ麺人気がジワジワ上昇中ってことでしょうね。先日横浜ラー博が発表した“つけ麺はラーメンです!”という研究結果は、長年の難問に終止符を打ったというより、その背景にはプンプンと金の匂いがするのでどうも胡散臭い。裏をかえせばそれほどつけ麺人気が高いわけでして・・ラーメンとつけ麺は別物!と言いきっちゃうとラー博としても具合の悪いところか。山岸一雄氏がもりそばを開発して早55年。関東を中心につけ麺はつけ麺として独自路線を歩みながら着実に進化を遂げてきたはず。ブームという尻馬に乗っかって、どこでもここでもラーメンの汁にラーメンの麺を浸して手繰れば“つけ麺”やろ?なんて安易なやっつけ麺が乱立しない事を望みます。


さつまラーメン@大手門
f0150355_821165.jpg

今日はそんな(やっ)つけ麺のお話。


むかしむかしある所にラーメンが大好きなヨウスケという男がおったそうな。

ある日大手門村のさつまらーめんという店の前を通りかかったらつけ麺という幟を見つけたそうじゃ。冷やしつけ麺400円というお品書きをみたヨウスケどんは“こりゃなんかい!エラい安いやないか!”と喜び勇んで暖簾を潜ったそうじゃ・・。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-06-15 08:12 | 福岡市周辺

長浜御殿@美野島+α

□長浜御殿をコソコソと食べ歩く日々


福岡市内に御殿って何店舗あるんでしょう?

住吉店、長尾店、堤店、荒江店の4店舗でしょうか?そこら辺詳しい人教えてくらはい。


長浜御殿(住吉店)@美野島
f0150355_954478.jpg


この店、、実はシラフで食べるの初めてであります!

飲み過ぎて財布が空っぽになって天神や中洲からヨロヨロと千鳥足で帰る途中にあるお店というのが、僕の中のこの店の位置付けでした。虫のように夜中のラーメン屋の明かりに吸い込まれていき啜った思い出だけがアルコールで溶け気味の僕の海馬に薄っすらと残っております。前々から気になっておりますが、オリックスバファローズの帽子をかぶった小学生なんてこの店どころか町の中でも見た事がないのですが・・・。

ラーメンをカタで注文した。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-06-11 09:35 | 福岡市 東区

つるや@大名

□ここにも諸行無常の一杯あり

昨日、ツイッターで駆け巡った“しばらく@西新”の閉店という話。ショックというかなんというか未だ実感はありませんがジワジワと喪失感の小さな波が押し寄せて来ています。学生時代の思い出の中で出てくるラーメン屋一つが無くなるというのはとても残念です。これも時代の流れか、はたまた世の中の味覚の変化か。生き残るためには小さなマイナーチェンジも必要という事だろうか?小さなマイナーチェンジを繰り返して昔と味もスタイルも変わってしまえば無くなってしまう事と同じ、という意見もあるかもしれませんが、僕はそうは思いません。“在るだけで有り難い”今を楽しんで嫌なら行かなければいい。ガンソを食う時なんかによく考える事です。


移り変わりの激しい大名で長く暖簾を上げ続けるここも“在り続けて欲しい”大事なお店です。


つるや@大名
f0150355_962250.jpg

ボンジュール(パン屋)の横にあります。スーパーカブが店の前にスタンバイ。厨房は出前の準備で忙しく動き回っています。改装されたんでしょうか?昔のイメージと違って随分綺麗で明るい店内です。カウンター席とテーブル席、キャパは12~13名か?


ラーメン(450円)を注文した。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-06-10 09:25 | 福岡市 中央区

四郎@大橋

□ある大学でこんな授業があったという。

「クイズの時間だ」教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。「この壺は満杯か?」教室中の学生が「はい」と答えた。「本当に?」そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。そしてじゃりを壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。
そしてもう一度聞いた。「この壺は満杯か?」学生は答えられない。一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。「この壺はこれでいっぱいになったか?」 学生は声を揃えて、「いや」と答えた。教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。彼は学生に最後の質問を投げかける。

「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」

一人の学生が手を挙げた。「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、 いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」「それは違う」と教授は言った。「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私達に示してくれる真実は、大きな岩を先に入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ」君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり・自分の夢であったり…。ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、君達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう。そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体失うだろう。


~閑話休題~

大橋のらーめん四郎へ。

朝晩は涼しいが昼間は夏日が多くなってきました。このまま梅雨は来ないんじゃなかろうか?なんて危惧しておりましたが来週から天気は下り坂、とうとう福岡地方も梅雨入りかもしれません。らーめん四郎へ行き前々から気になっていた“冷やし辛々坦々麺(680円)”を注文した。


ラーメン四郎@大橋
f0150355_983398.jpg


そろそろ冷たい麺が美味しい季節になりました。しかし暑い日には辛い物も旨い。

では、辛くて冷たい麺でも啜りましょう。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-06-09 09:25 | 福岡市 南区

博多ばん番@宇美

□とても正常進化とは思えない



宇美公園の坂道を上っていくと博多ばん番はある。明神坂や新原周辺の地元民か、はたまたトヨタの社員か?35県道に抜ける抜け道を知っている土地勘のある者か?いわゆる観光客など絶対に来る事の無いエリアに博多ばん番はあるとです。


博多ばん番@宇美
f0150355_934272.jpg

先客2名、後客1名。思いっきり昼時は外しているが自身の中での印象はソコソコ入っていると言った感じか?定食等が豊富にラインナップされ、郊外型のラーメン屋にありがちなデフラグされていないメニュー群、ラーメン屋というよりは食堂といった感じ。カウンターに座る女性と大将のホークス談議に耳を傾けるも、野球やサッカーに全く興味のないアタシは何のことやらチンプンカンプン。ミニ牛丼(200円)に心惹かれるも、ラーメンを単品で注文した。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-06-08 09:02 | 福岡市周辺

ボンズ@熊本市

□W杯開幕の実感ゼロ!

南アフリカ大会?あー・・なんかそんなのあったねー・・。みたいな事になりそうな予感がビンビンする!周りでW杯の話なんて一切でないのですが・・。どーしちゃったんでしょう。ついでに言うと新総理誕生の実感もゼロ!実感ゼロの国、希望もゼロ!未来もゼロ!情熱もゼロ!頑張れニッポン!(さーて、ラーメン・・ラーメンっと・・)


つけ麺ボンズ@熊本市
f0150355_9364099.jpg

カンカン照りの中、熊本入り。前回見事にフラれたつけ麺ボンズへ。カウンター席のみの店内。内装のタイルが北熊のまま。メニューはラーメンとつけ麺の2本柱。入口脇の窓に掲げられた浅草開花楼の木札を見ると心が躍るのはなんでしょう。

つけ麺を250gで注文した。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-06-07 09:56 | 熊本県

海鳴@清川

限定つけ麺を食べに海鳴へ。

海鳴と書いて“うなり”て読みます。


海鳴@清川
f0150355_8314523.jpg

鮮魚系つけ麺とのことで興味津津。鮮魚系?刺身になった魚の切り身をつけ汁にしゃぶしゃぶしながら麺と一緒に啜るのか?などと考えるも一向にわからず・・。当日に石の人と一緒に行く事となりました。

案ずるより食うが早し・・

限定つけ麺(800円)を注文した。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-06-04 08:48 | 福岡市 中央区

ZUNDO屋@新宮

□これを若さと侮るなかれ

じわじわと体力をすり減らして、もう限界を迎えつつある会社が多い中、トップの中にはいまだに不況だ!不況だ!と念仏のように唱え、秋ごろからは・・いや春先には・・などと根拠の無い景気の回復を期待する者も多くいる。自身もそうだったのだがもうやめた。これは不況じゃない。“国家の見えざる手”によってジワジワと水面下で進められた構造変化の結果じゃないのか?今まで通りじゃ稼げない構造になったんじゃないか?ならばその構造に合うように変化する。強い者・頭の良い者が生き残るんじゃない、変化する者が生き残るのだ。若さとは人生のある時期の事を言うのではない、心のあり方のことをいうのだ。何を考え、どういう生き方をして、今から何をやろうかという事なのだ。揺るぎない信念、あふれる想像力、一歩を踏み出す勇気、情熱、夢。立ち上がれ。カウント10で取るファイティングポーズ。


ZUNDO屋@新宮
f0150355_931711.jpg

白を基調とした外装、内装は凄く清潔感がある。ラーメン(390円)を注文した。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-06-03 09:15 | 福岡市周辺

いち押し@春日

□いわゆるジワジワ系:2.22 YOU CAN (NOT) AGGRESSIVE


いち押し@春日
f0150355_6433777.jpg

ラーメンはトンコツが基本だが、醤油も味噌もある。麺も普通麺が基本だが、卵も辛練りも選べる。(※辛練とは唐辛子を練り込んだ麺の事)餃子にチャーハンになんでもござれ、こういうデフラグされていないメニュー群を見るとどうしても変わり種を求めてしまう悪い癖が疼く。トンコツラーメンを辛練麺で指定した。ベースのトンコツラーメンは500円ですが、辛練麺を指定すると50円UPとなります。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2010-06-02 07:02 | 福岡市周辺