<   2009年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

永楽苑@長崎

長崎主張最終日。

帰福前に県庁近くの永楽苑の“しいたけ肉そば”が旨いので食いに行こうと誘われた。


満員御礼でございます。

永楽苑@長崎
f0150355_7413981.jpg

入口は狭いが中は広い。入り口脇のカウンターを通り過ぎ奥に入るとかなりおおきな座敷がある。奥に座らせていただき、シイタケ肉そば・上海焼きそば・エビ炒飯を注文した。お昼時になると長崎県庁マンでアレヨアレヨという間に満席となった。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2009-11-30 07:39 | 長崎県

三八@長崎

長崎の老舗大衆中華“三八”へ。
サンパチて読みます。

長崎のラーメンと言えば“三八”とほとんど長崎を知らない僕でも出てくるのが三八なのです。

・・・というか三八しか知らないわけでして長崎の麺事情に関しては真っ暗な僕です。

f0150355_915324.jpg


ラーメン 550円
f0150355_9154894.jpg

トンコツ出汁が柔らかく、スープに混じった胡椒がピリリと緩急のあるアッサリ目のスープ。やや柔らかめのプニっとした麺。一見どこにでもあるようなトンコツラーメンのようですが、どこかホッと落ち着くのは老練渋めな感じから来るのでしょう。アクレッシブさは欠片も無いですが、毎日食えるようなバランスの良さを感じます。いろいろいじくり回してなんちゃワケワカランごとなったラーメンが多い中こういうオーソドックスなタイプは好感の持てます。こういうタイプのラーメンはあーだこーだ言うのがナンセンス。こういうものだと思って食べるのが良いですね。

ごちそうさまでした。
f0150355_9305472.jpg
f0150355_931781.jpg
f0150355_9311673.jpg

[PR]

by cafeh | 2009-11-28 09:31 | 長崎県

ぶたや@駅東

西新から移ってきて初の訪問となりました。

ぶたや@駅東
f0150355_9204364.jpg

究極の細麺という看板が目立つので“究極の細麺”が屋号だと勘違いされている方もいるようですが、本当の屋号は“ぶたや”です。

ラーメン 500円
f0150355_9261968.jpg

トンコツがドカ!っと出て、素ダレがギュン!っと効いて背脂がプカプカと混じるなかなか押しの強い一杯に仕上がっております。それに合わせてこれでもかというほどの極細麺がダメ押しをする感じで、こういう組み合わせの一杯は博多に出張に来られたお父さん方は“嗚呼・・博多に来たバイ!”と思われること必至。しかしこの麺の細さは博多中を探しても特異なものなのです。これ以上細くなったら・・というか既に?素麺より細い気がします。

f0150355_9295468.jpg

極めて細い平打ち麺のため取り扱いには要注意のようです。まだスープがナミナミと入って麺が泳ぐ時は良いのですが、替え玉時などスープが減ってくると麺が泳がずにダマになりやすく、そうなると具合の悪いです。


なんじゃかんじゃ言うてますが、全体的には好きな系統であります。


ごちそうさまでした。
[PR]

by cafeh | 2009-11-26 09:34 | 福岡市 博多区

一楽@仲原

一楽粕屋店へ。

f0150355_914974.jpg


僕の中で一楽ラーメンは大きく分けて2派に分かれる。本店系の香住ケ丘・志免と味噌系の松島・名島・仲原。関係は分かりませんが個人的なイメージはこんな感じです。外観も味噌系は非常に似た作りになっており関係性が伺えます。本店系は窓ガラスにステンドグラス風のシールが貼ってあるという点で似ています。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2009-11-25 09:31 | 福岡市周辺

赤のれん節ちゃん@渡辺通

酔えば酔うほど旨く感じるのは僕だけでしょうか?


ラーメン
f0150355_15453215.jpg

アブラがドテーー!トンコツがブワーー!見た目はこってりだけど意外とスルスルと啜れてしまいます。スープの旨さもそうだが、麺が秀逸。平打ち麺独特なドゥルドゥル感が気持ち良い。毎日は食えんがたまに食いたくなる中毒性も十分。博多に来た知り合いを連れていくには最高のお店だと思います。

f0150355_15512337.jpg

コッテリテカテカ光るスープ

f0150355_15515298.jpg

ドゥルドゥル!っと疾走感のある麺は秀逸

f0150355_15522859.jpg

つまりいっぺんは食っとけという事です。


ごちそうさまでした。
[PR]

by cafeh | 2009-11-24 15:53 | 福岡市 中央区

双葉ラーメン@粕屋

□粕屋町には2軒の双葉ラーメンがあるのです。

1軒は道徳の交差点、もう一つはそこから広田の交差点へ少し進んだ道沿いにある。暖簾はラーメンだけだし、庇にもラーメンしか書いてないが、確かにここももう一つの“双葉ラーメン”なのです。

【外観】
f0150355_1422279.jpg

パッと見のラーメン屋の雰囲気としては屋号入りの方だが、駐車のしやすさという点からいえば屋号無しの方。どちらもなかなか入りずらい玄人向きの店構えとは思うがどちらも大変気さくな大将なので、勇気を持って入店してみると良いと思います。内装のキレイさでいえば断然屋号入り。屋号無しの方は僕が保健所の職員なら立ち入り検査をするレベル。正直言うて飲食店のレベルには到底達しておりません。

【ラーメン どちらも400円】
f0150355_1464668.jpg

どちらも見事に白濁したマイルドな豚骨。ポタポターっとしたクリーミーな豚骨は全く臭みが無く、イニシエ系ラーメン店にありがちな獣臭とはかけ離れたスタンスのスープです。マイルドさでいうと屋号ありの方の勝ち、屋号無しのほうは素ダレに入っている酒の処理の仕方なのか独特の香りとカドのあります。どちらにも共通して言えるのはやや甘めという点です。どちらの店舗の方が良いかは完全に好みの話ですが。個人的には屋号ありの方です。大きな違いといえば胡椒がデフォで入るか入らないか、という点ですが、デフォで入っていてもこの手のラーメンはビクともしないので特に不満はありませんし、むしろ胡椒が入って完成するラーメンのようにも思えます。デフォルトで胡椒入りなのは屋号ありの方の店舗です。

【麺】
f0150355_14123930.jpg

やや太めのモチっとした麺は断然普通で食うのが旨いです。ポッテリとクリーミーなスープを吸いながらも噛むとムチンッと小さく抗うセクシー麺。艶やかで伸びやかな麺は本当にうまいと思います。麺は自家製で大将のこだわりがバシバシ伝わるので好きです。もう一度いいます。この麺は普通で食うのが一番旨いと思います。2軒で比べて大きく違う点は1つ。屋号なしの方には屋号ありのラーメンの1・5倍の量がデフォルトで入っておりますのでどんぶりの中にみっちりと詰まっております。これは屋号なしの方の大将が本来350円で提供したいのだが、もう一つの店舗に配慮して400円で出している・・・それならば!と麺を1.5玉入れているそうです。モリモリ食いたい派の方は屋号なしをオススメします。

【その他】
屋号なしの方は紅ショウガと辛子高菜がテーブルに置いていないが、言えば出してくれるシステムになっております。双葉ラーメンの辛子高菜は福岡でもトップクラスに辛いのでご注意を。屋号ありの方には辛子高菜を残した人は500円払ってもらう・・という旨の張り紙までしてありますので要注意です(笑)



ごちそうさまでした。
[PR]

by cafeh | 2009-11-21 14:22 | 福岡市周辺

すみれ@今泉

めっきり寒くなってきたのでコイツの本領発揮の季節です。こんな味噌ラーメンが並ばずに食えるという福岡の特異さと有難味の両方をずっしりと感じながら啜ります。ちょいとばかし足を伸ばしてラースタに行けば純連も食えちゃう福岡の素晴らしさをもっと理解した方がいいよチミ達は。東京じゃ絶対にあり得ませんから。これも排他的な豚骨原理主義者の巣窟である福岡の弱点であります。すみれが無くなっちゃうと大変なのでもっとみんなですみれを食べましょう。

味噌
f0150355_1781022.jpg

いつものごとくラードが麺一本一本にまとわりついて超アツアツ。超アツアツのくせにどんぶりから湯気一つ経たないのはラードが蓋をしているから。うかつに豪快に啜ろうものなら確実に上あごの皮がベロリと剥がれます。やっぱりすみれは突き抜けてるわ・・。どっしりと味噌の風味が効いてこれ程濃厚なのにしょっぱくないのは流石。同行したヘタレ君は追加のスープをもらって薄めて食ってましたが割らない方が断然好みです。


ごちそうさまでした。

f0150355_171438.jpg

[PR]

by cafeh | 2009-11-19 17:14 | 福岡市 中央区

元祖長浜屋@港

元祖へ。

ナシカタ
f0150355_9154975.jpg


スープ・肉ともいつも通り。若干素ダレが少ないか?しかしこれも元祖のブレの範疇で卓上のヤカンで解決できて特に不満はありません。しかし麺が妙に小麦粉小麦粉してて歯にネチャ付く感じがやや不快。まさかラー麦を試しましたー!なんてことはあり得ないとは思いますが、この麺の違いは単に熟成具合なのであれば問題ありません。寒くなってきたので元祖がますます旨く感じる季節になってきました。皆様お風邪など引かれませぬようモリモリ啜りましょう。
[PR]

by cafeh | 2009-11-18 09:22 | 福岡市 中央区

博多濃麻呂@東比恵

旧三号線沿いにできた博多濃麻呂の支店へ。

博多濃麻呂@東比恵
f0150355_847475.jpg

1か月ほど前にオープンした時に行っていたオープン記念価格で食っておりますので、ラーメン1杯300円ですが通常は480円で提供されております。ラーメンを普通で注文した。木目調の店内は天井も高く綺麗、威勢のいい声が店内に響き今から船出する新店のヤル気を感じます。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2009-11-17 09:07 | 福岡市 博多区

味仙@朝倉

台湾ラーメン味仙で台湾ラーメン。

台湾ラーメンといえば、名古屋の同じ屋号の“味仙”がパッと頭に浮かぶ。しかし読み方は名古屋の味仙は“みせん”と読み、朝倉のこちらは“あじせん”と呼ぶ。名古屋“みせん”の台湾ラーメンはドッテリと唐辛子とニンニクを効かせた醤油ベースのスープに挽肉、ニラやモヤシを炒めた物を合わせた物。唐辛子とニンニクとニラでスタミナが付きそうな力強い一杯。名古屋で生まれた台湾ラーメンもはるか九州まで旅をしてくると随分と対照的な一杯に仕上がっております。

味仙(あじせん)@朝倉
f0150355_10153618.jpg


続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2009-11-16 10:44 | 福岡市周辺