<   2009年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

天天ノ有@粕屋

粕屋の天天ノ有へ行く。お昼時は満車で駐車できないケースが多いので少し早目に着いた。先客1人だけだったが時計が12時少し前になるくらいからあれよあれよという間に満席になった。チャーシュー麺とご飯を頼んで席に着く。


天天ノ有@粕屋
f0150355_719415.jpg


続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2009-08-31 07:36 | 福岡市周辺

明龍軒@久留米

最近、自身の中で久留米の明龍軒がスコブル好印象だ。あまり連投が続くとブログ的にも面白くないのでUPこそしてないが、実はコソコソ食べている。この日も開店直後を狙って暖簾をくぐったのだが・・・。


明龍軒@久留米
f0150355_746330.jpg


この店のクーラーは客用というより厨房用に温度設定がなされているのでよく効いている。特に小上がり席に陣取ると冷風をもろに浴びる結果になるので苦手な方は要注意が必要です。

ラーメンを普通で注文した。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2009-08-30 07:56 | 福岡県筑後地方

鳳凛@春吉

一蘭よりも鳳凛の方が個人的には好きだ。一蘭を一回りマロヤカにした感じのスープはとらえ方によってはコクが足りないと思う人がいるかもね。唐辛子ダレを溶かしこんで食べるとやっぱりどこか一蘭っぽいと感じるのは、ベースのスープじゃなくて唐辛子ダレのせいなんでしょうか。ならば!と、全部抜きで食べてみた。


鳳凛@春吉 全部抜き
f0150355_740611.jpg


以前、元祖で食った“素(=全部抜きの事を元祖では素(ス)という)”に匹敵するビジュアル。

なんか見てはいけない物を見ているような気分になるのは、スープと麺だけでラーメンを食べてみようという行為そのものが、ラーメンの一番ピュアな聖域のような部分にズカズカと上がり込んでいるような恐れにも似たような感覚でしょうか?全部抜きというのはラーメンの旨さのサスペンションを取っ払って丸裸にしちゃうからね。将棋でいうと最上段に香車を打つようなものかもしれません。



デフォと比べてみた。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2009-08-29 08:19 | 福岡市 中央区

すみれ@今泉

自宅から歩いて数分の距離にある同店なのだが、近すぎて逆に行かないので行ってみました。約5年ぶりの再訪となりました。10年ほど前からしたら随分とまともな味噌ラーメンを出す店は増えたが、ここだけは別格。たまには食っとかないかんなーと思う一杯です。


すみれ@今泉
f0150355_7355370.jpg


平日の開店直後というのにすでに10名ほどの客入り、この爆発力が僕をひと安心させてくれます。すみれが無くなったら大変だ、味噌ラーメン迷子になってしまう。一番奥のカウンター席に座らせてもらい、味噌ラーメン(小)と小めしを頼む。普段はめしの部類は頼まないのだが“すみれ”ではなぜか無性にめしが食いたくなるのは味噌が溶け込んだスープのせいなんでしょうか?味噌味の汁物ときたら骨髄反射のように白飯が食いたくなるのは僕が日本人だからなんでしょう。


小ラーメンなんてヘタレだなーと思ったあなた!

(´Å`)b 正解です!


カウンター席の前には森住製麺の麺箱が積み上げられ、ここが札幌のラーメン屋である事を無言で伝えてくるようです。最初に白飯が到着し、ほどなくして味噌ラーメン(小)が到着した。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2009-08-28 08:18 | 福岡市 中央区

笑喜屋@前原

国道202号線、今宿交差点から前原に抜けるおよそ8キロの道は、数多くのラーメン屋が軒を連ねるラーメンストリート。前原の高田にあるグッディの前にできた笑喜屋に行って来た。すぐ横は周船寺一九ラーメン関係の一里、近くには鹿児島から鳴り物入りでやってきたら・ぱしゃ、超濃厚ド豚骨スープの西谷家、那珂の達磨関係の麒麟、どってりとしたスープで人気店の力(リキ)、そして福岡市ラーメン界で西の大横綱、安全食堂などなど個性的な麺々・・・おっともとい!面々が顔を揃える。なにか勝算あっての出店なんだろうか?


笑喜屋@前原
f0150355_8124860.jpg


続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2009-08-27 08:28 | 福岡市周辺

大久ラーメン@鳥栖

□高速道路の無料化って・・

筑紫野有料道路が無料開放されたのが2007年の5月の事だったので、無料化されてかれこれ丸2年以上経つ。この道路がかつて有料だったことをすっかり忘れてしまっていたが、よくよく思えばなんとも有難いことだ。しかしですよ・・・高速道路の無料化って某政党がマニュフェスト掲げてるけど、本当に大丈夫なんだろうか?ETC割引の余波か?最近の高速道路の以前には無い混み方を見ていると少し不安になってきた。

高速道路が無料になったら・・・。

一般道路、高速道路のどちらを利用しても目的地までの到着時間が同じくらいのところで交通量は均衡するはず。もともと高速道路を利用していた人が余計に時間がかかるだけで済む話だろうか?道路利用者全体が使用する時間の合計も増加するということなのでこの経済的損失とCO2の増加はどれだけの余波がでるんだろうね。盲目的に高速道路無料バンザイなんて言えない気がしてきました。



その無料開放された筑紫野有料道路をスイスイ通ってあっという間に鳥栖へ。大久ラーメンへ行く。もともとこの場所はいろんなラーメン屋が入れ替わり入っていたが今は大久ラーメンで落ち着いている。オープンした時は三田川にある大久ラーメンとの関係は分からなかったが、今日メニューを見て鳥栖店と記載があったので支店なんだろうね。

大久ラーメン@鳥栖
f0150355_19131345.jpg


続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2009-08-26 19:23 | 佐賀県

らさろ亭@飯倉

夜が段々と涼しくなってきている。8月上旬の猛暑ッぷりを考えると“なーにが・・暦の上では秋だよ・・”なんて思っていたが、秋の足音を感じます。


飯倉のらさろ亭へ。らさろとは大将が住んでいたメキシコの町の名前から取ったという事。店名も個性的ならメニューも個性的なメニューが並びます。前回よもぎ麺を啜った時に、スパイシー麺が気になると書いてからしばらく経ちましたが再訪です。

らさろ亭@飯倉
f0150355_8581123.jpg


続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2009-08-26 09:20 | 福岡市 城南区

大恩@神埼

34号線沿いの自由麺工房大恩へ。

独自路線で展開する面白いつけ麺を食いにきた。
f0150355_7522196.jpg


濃厚魚介豚骨、無添加スープ、自家製麺と謳われるとどーしても確かめたくなる。広めの駐車場はお昼時を外しているというのに7割がた埋まっていた。木目を基調の清潔感あふれる店内は奥が禁煙室となっている。ラーメンを食べている時に紫煙が漂って来ると帰りたくなるので、こういう配慮は大変うれしい。

つけ麺は2種類。味噌と魚介豚骨。味噌の方は200-300-400gと麺の量が同額で選べるが、魚介豚骨の方は並(460円)-大盛(520円)-特盛(580円)という設定。麺が違うのだ。魚介豚骨の方は5月末から小麦全粒粉からライ大麦全粒粉に変更となっている。


ライ大麦全粒粉を使用の極太自家製麺かー!これは気になる!


魚介つけ麺を並で注文し、入れるとコクが増すという“えび玉(10g-110円)”を追加した。

茹でるのにお時間8分ほど頂きますと言われしばし待つ。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2009-08-25 08:19 | 佐賀県

一番亭@直方

謝辞

食べたラーメンを記録に残そうと軽い気持ちで始めたブログですが、今日で1年を迎えることができました。毎日たくさんの方から読んで頂きどうもありがとうございます。飽きっぽい僕が1年もブログを書き続けている事が奇跡的な事のように思えます、これも毎日来て下さる方のおかげと思っております。ラーメンを通じていろんな方との出会いもありました。コメント欄でのお付き合いになることが多いとは思いますが、これからもよろしくお願いいたします。毎日どこかのラーメン屋のカウンターで啜っていますので声をかけて頂けると非常に喜びます。


こんな感じで啜ってます

f0150355_7372186.jpg






直方の老舗、一番亭へ行く。

知古にある新鮮市場の敷地内にその店はある。
f0150355_7384895.jpg


3時過ぎというのに店内には数名の先客があり。ずいぶんとラーメンの種類が多いがここはデフォルトのラーメンを頼んだ。ここのラーメンは細麺と普通麺と2種類の麺から選べる。普通麺で固さも普通で注文した。

続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2009-08-24 07:58 | 福岡県筑豊地方

ガード下食堂@大牟田

雨が上がると一気に爽やかな夏空。

高速道路のETC割引の影響だろうか?週末になるとJCT付近で自然渋滞が発生している。筑紫野→鳥栖JCTまで約2キロの渋滞。ノロノロと進み、JCTを超えると一気に車速はあがった。スイスイと車は南へ下る。前回フラれたガード下食堂へ進む。

三池炭鉱から採掘された石炭を運ぶ石炭列車が走っていた線路は2009年の現在では廃線になっている。その廃線となった線路の真下にガード下食堂はある。三池炭鉱専用鉄道が走り、近代日本の成長を支えてきた代名詞的な存在の三池炭鉱、その炭鉱夫達の胃袋をも支えていたのだろうか?

ガード下食堂@大牟田
f0150355_7181926.jpg


入るとお父さんが回転焼きを焼いていた。奥のテーブルに座りお母さんに“ラーメンといなり”と伝えた。

店内は昭和に一気にタイムスリップする。
f0150355_7213236.jpg


続きはこちらから
[PR]

by cafeh | 2009-08-23 07:34 | 福岡県筑後地方