<   2008年 12月 ( 40 )   > この月の画像一覧

ナンバーワン@今泉

今年もとうとう残すところあと1日となりました。
f0150355_10241341.jpg

デフォルトをカタで。
f0150355_10242923.jpg

今日のスープは普段より粘度高めでちょいストロング。

食べ尽くされたラーメンで特に言うことはありません。
f0150355_10244642.jpg


隣に座っていた爺さん2人が「なんちゃ訳のわからんラーメン屋が増えてしもーた…。」と最近のラーメン事情を憂いておられました。あーはならない様に常にニュートラルで居ようと心に決めた夜でした。

---------------------------------------------------------------------
後日、再訪。

デフォルトをカタで。
f0150355_1025268.jpg

今日は前回より少し粘度も低くまろやかなれど、強い出汁の旨み。
ネギがシャキッとした感じでさっぱりさわやかに食える。
f0150355_10251153.jpg

今日は当たり!


8月にブログを始めた1発目の記事がココでしたので。
今年最後の記事もここで〆。






今年最後の、
ごちそうさまでした。

f0150355_10253038.jpg

[PR]

by cafeh | 2008-12-31 10:25 | 福岡市 中央区

大龍軒@七隈

正月休みに入って2日目。
すでに昼夜逆転しています。
f0150355_12052.jpg

ラーメン450円
f0150355_1202837.jpg

キュンと醤油が効くスープは熱々。チャーシューの上にかなりの量かかっている白胡椒のピリピリした刺激と塩分高めのスープが相乗効果でかなり塩辛く感じる。チャーシューも塩気が強い。こんなだったっけ・・・?
f0150355_1205124.jpg

斜向かいは城南高校。部活動で汗を流した育ち盛りの高校生にはこの塩気は丁度良いかもだがデスクワークの俺には塩辛すぎる。
f0150355_121599.jpg


うどんやどんぶり物、定食におかず類とかなり豊富なメニューにグッとくるが我慢我慢…。
f0150355_1221251.jpg



ごちそうさまでした。
[PR]

by cafeh | 2008-12-30 01:22 | 福岡市 城南区

栄ちゃんラーメン@ 梅林

正月休みに入り普段行けないエリアに足を伸ばしています。
f0150355_1528295.jpg


デフォルト500円カタで。

チャッチャッチャッ!!
チャッチャッチャッ!!
チャッチャッチャッチャッチャッチャッ!!

かなり気合いの入った湯切りの音。いいね♪いいね♪

f0150355_15285327.jpg


表面の油が無骨っぽい印象のラーメン。口に含んだ瞬間に豚の獣臭が表面の油と一緒にクイッとグネるが瞬時にフワリと消えまろやかな出汁の味わいに変化する変化球型スープ。よく麺と絡んで旨い!
f0150355_1532226.jpg



いい意味で臭みのあるバラ肉のチャーシューも癖があるスープの中で存在感をアピール。
f0150355_15301816.jpg


客が入れ替わり立ち代わり満席。地元のお客さんがカウンターに座り大将と世間話に花が咲く。地元にすっかり根付いた感じでホッとする。





ごちそうさまでした。
[PR]

by cafeh | 2008-12-29 15:41 | 福岡市 城南区

元祖長浜屋@ 長浜

プチ浮気


カタぁー

f0150355_1113662.jpg


約4年ぶりにナシカタ以外を注文した。やっぱりベタが入ると表情が変わる。良いか悪いかというより単純に好みの話だが。

今日は若干麺が柔らか目。だからどうした程度の話だが今日は麺が柔らか目。

横の卓にはナマヘラ軍団(全員の注文がナマヘラ)が占拠。ちょっと卑猥に聞こえるナマヘラ。しかも全員女子。最高だ。酔うてらっしゃるナマヘラ軍団のたわいも無い会話を聞きながら啜る。俺は今から仕事。外は真っ暗な冬の明け方。夜も明けきらない混沌とした時間帯にも今日の一杯も確かに元祖だった。



ごちそうさまでした。
[PR]

by cafeh | 2008-12-28 11:13 | 福岡市 中央区

来々軒@竹下

うまうまチャーシューの三位一体ラーメン。

f0150355_8211877.jpg


ラーメン420円。カタで。
f0150355_8213995.jpg

フワリと豚の甘味が広がる柔らかな出汁の旨味。デフォルトで乗る紅しょうががポワンと柔らかい印象のスープをピリッと所々で引き締める。この紅しょうがの使い方は1つの完成形だな。

気持ち柔らか目に茹でられた麺は風味のよいツルツルっとしたストレート。チャーシューは豚のモモ肉。全く臭みの無い柔らかな仕上がり。このチャーシューは旨いなぁ…。
f0150355_8254393.jpg
f0150355_82554100.jpg

スープ、麺、チャーシューそれぞれが主張し合うことなくお互いを引き立て合う極上バランス。なんてことないラーメンだがこりゃいいわ♪ 決して瞬発力があるラーメンではないが渋旨で好きな感じ。
f0150355_8245932.jpg



ごちそうさまでした。

f0150355_8261059.jpg

[PR]

by cafeh | 2008-12-27 08:26 | 福岡市 博多区

大阪屋@東那珂

食堂系昭和味
f0150355_8592094.jpg


僕の通勤路ラーメン屋シリーズ最終回は「大阪屋」です。

ラーメン350円
f0150355_90174.jpg


あっさりしたライト豚骨にシコっとした細麺。脂身のほとんどないモッサリしたチャーシュー。
f0150355_955452.jpg


スープは飲み込んだ後にパワンと軽く香味野菜の様な風味の起伏あり。デフォルトでかかっている白胡椒の匂いとでなんとも軽やかな印象。パンチのある豚骨とは正反対なる立ち位置のラーメンだがシコっとした細麺との相性もなかなか。
f0150355_962061.jpg


切り盛りするお母さんのイメージそのままの優しいラーメン。 お客さん一人一人に「お仕事いつまでですか?うちは明日までです。ありがとうございました。」と声をかけていらっしゃったのが印象的。“麺は人なり”誰が言ったか知らないが恐らく僕の造語です。

今年は今日(26日)まで営業だそうです。
f0150355_963528.jpg




ごちそうさまでした。


その足で半道橋の“博多製麺”へ。ラーメン玉65玉を引き取りに行く。
名島亭なんかへラーメン玉を卸している製麺所だ。
f0150355_982093.jpg


ラーメン玉を一気に65玉、大人買い。
ラーメン玉に簡易スープとネギとゴマがついて100円。
値上げしとる・・。以前は90円だったのに・・・。
f0150355_9112735.jpg


“豚と節家”で炙りチャーシューを持ち帰り・・。準備完了。
夜は自宅に人を呼んでクリスマスパーティー兼ラーメン屋さんごっこ。
簡易スープは非常にミルキーなライトなトンコツでなんともパンチがない。海の家で食べるラーメンのような味わいなれど、自宅でラーメン屋ごっこという雰囲気で食えばそれなり。

お粗末なビジュアルでご麺。
まことにすいま麺。
f0150355_9205316.jpg


f0150355_921031.jpg


麺なる夜にお付き合いいただいたM氏夫妻ありがとうございました。
来年もよろしくです。
[PR]

by cafeh | 2008-12-26 09:29 | 福岡市 博多区

東園@仲畑

今年も残すところあと1週間となりました。

屋号のない店アゲイン。
…という店構えですが屋号は“東園”です。
以後お見知り置きを。
f0150355_8555936.jpg


大衆中華の東園でチャンポン600円。
f0150355_951512.jpg

くたっと炒められた野菜が山盛り。
クイッときいた出汁の旨味と野菜から出た甘みのあるスープは熱々。
プリんとした麺をくたっとした野菜と一緒に手繰り、スープと一緒に流しこむ。
なんてことないチャンポンだがシブ旨い。真っ赤なかまぼこが眩しい一杯。
いつもは八宝菜定食ばかり食べてたがちゃんぽんもなかなかの物。
f0150355_955272.jpg

かなり熱い。ハフハフ…フーフー…やりながらズルズルと完食。
すると厨房から紫煙がプカプカと。あちゃーー。。
チャンポンは渋旨なだけに非常に残念。
f0150355_961340.jpg



ごちそうさまでした。
f0150355_963648.jpg

[PR]

by cafeh | 2008-12-25 09:06 | 福岡市周辺

幸陽軒@諸岡

諸岡の路地にある幸陽軒。

ここもまた沁みます
f0150355_16474059.jpg



玉子ラーメン500円。
f0150355_16475348.jpg


佐賀の幸陽軒とはどんな関係かは未確認だがラーメンは別物だった。

ライトな豚骨に細い麺。出てきた瞬間は久留米系っぽいが啜ればなんとなく博多味。不思議な感覚だ。でもこういうラーメンもありだな。
f0150355_16482049.jpg


玉子を割り溶かすと豚のクセが消えてマイルドなラーメンに変身。
店の内装の雰囲気も手伝ってか昭和懐かし味。
f0150355_16482821.jpg



ごちそうさまでした。
f0150355_16483782.jpg

[PR]

by cafeh | 2008-12-24 16:48 | 福岡市 博多区

一心亭@那珂

まだ夜も明けきらない早朝に一心亭で朝ラ。
f0150355_884522.jpg

軽めのコクと旨味。薄いと言われる一心亭だがこれぞ正統長浜ラーメンではないか?元祖が魚市場ならば一心亭は青果市場の横。市場型早朝店はどちらも朝からスッキリ食える軽快なラーメン。
f0150355_89135.jpg

かなり細い麺と軽いスープ。卓上の胡麻を投入し一気に啜ればあっという間に完食。
うん♪渋旨い!
f0150355_891441.jpg



ごちそうさまでした。
[PR]

by cafeh | 2008-12-24 08:23 | 福岡市 博多区

天広軒@春日原北町

薄味?
ノンノン…♪

あっさりだけどしっかりした旨味が出とります。
f0150355_8382748.jpg


ワンタンメン650円
f0150355_8384885.jpg


スープが熱々の為、湯気が凄い。AFのピントが合わず撮影が難航。嬉しい悲鳴。豚骨か?と目を疑う黄金色のスープは透明。豚骨ラーメンは昔は透明だったという歴史を感じさせてくれる。対馬小路の“浜荘”や志免の“まるせん”無き今、透明スープの豚骨ラーメンを食べることができる貴重な店だ。スープを一口飲んで気付いた。どんぶりの内側の図柄がスープの表面の高さで擦り切れてる。何万杯とこのどんぶりでラーメンを提供してきたのだろう。
f0150355_839242.jpg
f0150355_8393552.jpg


徹底的に油抜きされたあっさりした飲み口の優しい味。しかししっかりした旨味。シコい細麺とツルンとしたのど越しのワンタンにもっさりしたチャーシュー。
f0150355_8401181.jpg


しみるなぁ・・・。


こらぁ・・旨いなぁ。。


暖簾を守って半世紀。三代目の大将が出すイナタイラーメンは渋旨い。どんなに時代が変わっても、いろんな流行が巻き起こっても50年間暖簾を揚げ続ける老舗の凄みの一片を見た気がした。

f0150355_8403083.jpg




また来ます。
ごちそうさまでした。
[PR]

by cafeh | 2008-12-23 08:40 | 福岡市周辺