島系本店@ 志免

f0150355_10142037.jpg
島系本店でデフォルトラーメンを極太麺で。

自分の中で確実にじわじわ来ている一番のラーメン。

カネシがクイッときいたしょうゆ豚骨スープにゆでたモヤシとキャベツ、厚めに切られた煮豚が2枚に、刻んだニンニク。そして極太麺。

博多に生まれ博多で育ち、白濁スープと細麺で育った俺にとっては間違いなく黒船襲来といったところか。

「にんにく入れますか?」

「お願いします!」

いつものやりとりの後に出てきた。

まずはスープを一口。カネシがきいたしょうゆベースのトンコツが口の中でグインとドライブすれば一気にエンジンがかかる。モヤシとキャベツが乗った具をスープに沈めるために箸でどんぶりの底から麺を引き出してひっくり返す。東京のジロリアン(※ラーメン二郎フリークの愛称)たちがよく使う「天地返し」という技だ。

右手に箸!左手にレンゲ!目線はどんぶり!

これ以上太くなればうどんの領域に入るほど太い麺を啜る。ブリンブリンと口の中で暴れる麺を噛む感触は何とも快感。麺を噛み、スープを啜るとカネシ醤油がグイン!とドライブする。鼻孔に抜ける醤油とニンニク。煮豚をアクセントに食べ始めると無言になる。10分弱のワンダフルタイム。食べ終わると体がカッカしている。うまい!食った!という満足感のデカさはここが一番。新参ながらもこの先元祖に続くソウル麺になる可能性は大。やっぱり美味いです島系本店。



ごちそうさまでした!(ニンニク臭い口で)
f0150355_10143986.jpg
f0150355_1014533.jpg

[PR]

by cafeh | 2008-10-31 09:48 | 福岡市周辺

<< く~た@半道橋 たえちゃん@チャーシュー(自宅) >>