一楽ラーメン@志免

f0150355_8422243.jpg
五斗蔵交差点から宇美方面へのびる県道68号線には美味しそうなラーメン屋が数多く存在する。ラーメンドリームラインとでも言おうか。

ドリームラインの起点ともいえる五斗蔵交差点のコジマ電気横の一楽ラーメン志免店へ。

横に駐車場が隣接されていて一昔前に比べると広くなったとはいえお昼時になると満杯になる。たまたま1台ぶんだけ空いててラッキー。店内はすでに満席。親子3人で切り盛りする厨房は戦場のようだが、若い息子がテキパキと指示をだす。さながらサッカーでいうところの司令塔といったところか。この息子さんの凄いところは暗算の速さ。複数名の会計をレジスターを通さずに全部暗算でやる。例えば「ラーメン2杯とチャーシューメン1杯と小飯3杯、変え玉2つでラーメンの1杯は大盛り」とレジで言うと瞬間的に合計金額が伝えられる。最初に目の当たりにした時はびっくりして後で携帯電話の電卓で計算しなおしたほど。

5分ほど待ち席へ。15人も座ればいっぱいのL字型のカウンターと小上がりになった座敷席キャパは25名といったところ。オーソドックスなラーメン屋スタイル。メニューを見ると以前はたくさんあった定食のところに張り紙がしてあり、しばらくはラーメンとから揚げ定食のみでの営業とさせていただきますと書いてある。やはりたくさんのメニューはたくさんの食材の在庫を抱えないといけないので難しいのかなぁと勝手な想像。ラーメンをカタ麺で注文。少し待った後に出てきたラーメンは乳白色のスープにネギとチャーシューにゴマ。うんうん♪ゴテゴテしてない♪ゴマは自分でかけたいタイプなので、これを除くとほぼパーフェクト。


まろやかで深いトンコツの甘み、最後にクイッと酸味を感じるようなスープ。少し醤油も入っているか?これは美味いなぁ。後を引くような美味さのスープに細麺が合う。あっという間に完食。ごちそうさまでした。あまりにスープが美味かったので白飯と一緒に食べたらさぞ美味いだろうなぁと思っていたが、隣の人が注文した日本昔ばなしの様な山盛りライスを見て遠慮した。

深いトンコツの中にフワッと広がる甘み。自分の好きなトンコツスープの方向性が見えてきた。こんなに優しくて深いスープはなかなか無いなぁ。おふくろスープとでも言おうか。ラーメン1杯380円。天晴れ。


大将がんばれーー!いつまでもお元気で。
f0150355_8424311.jpg
f0150355_842532.jpg

[PR]

by cafeh | 2008-09-02 13:48 | 福岡市周辺

<< 喜龍@志免→達磨@那珂 Management page >>