博多ばん番@宇美

□とても正常進化とは思えない



宇美公園の坂道を上っていくと博多ばん番はある。明神坂や新原周辺の地元民か、はたまたトヨタの社員か?35県道に抜ける抜け道を知っている土地勘のある者か?いわゆる観光客など絶対に来る事の無いエリアに博多ばん番はあるとです。


博多ばん番@宇美
f0150355_934272.jpg

先客2名、後客1名。思いっきり昼時は外しているが自身の中での印象はソコソコ入っていると言った感じか?定食等が豊富にラインナップされ、郊外型のラーメン屋にありがちなデフラグされていないメニュー群、ラーメン屋というよりは食堂といった感じ。カウンターに座る女性と大将のホークス談議に耳を傾けるも、野球やサッカーに全く興味のないアタシは何のことやらチンプンカンプン。ミニ牛丼(200円)に心惹かれるも、ラーメンを単品で注文した。



ラーメン(値段失念)
f0150355_8462131.jpg

コリっとした麺の話は置いといて・・ずいぶんとあっさりした豚骨。表面にたっぷりとかけられたゴマの風味に全体を支配されているスープ。以前は擦りゴマと記憶しておるが・・?大判のチャーシューが一枚というスタイルは変わらないが脂身の量が増え大判チャーシューの半分ほどが分厚い脂身の層。以前なら熱いスープに浸してトロンと柔らかく溶けだした脂身に喜んでかぶり付くところだが、そういうのも正直ヘビーに感じるようになってきたお年頃。全体的にボケた感じがするが、出汁薄め、素ダレ他の塩分で食わすような仕様は糟屋っぽい。糟屋郡部のディープな一杯を理解するには僕自身まだまだ修行が足りないようです。




ごちそうさまでした。
[PR]

by cafeh | 2010-06-08 09:02 | 福岡市周辺

<< 四郎@大橋 ボンズ@熊本市 >>