ZUNDO屋@新宮

□これを若さと侮るなかれ

じわじわと体力をすり減らして、もう限界を迎えつつある会社が多い中、トップの中にはいまだに不況だ!不況だ!と念仏のように唱え、秋ごろからは・・いや春先には・・などと根拠の無い景気の回復を期待する者も多くいる。自身もそうだったのだがもうやめた。これは不況じゃない。“国家の見えざる手”によってジワジワと水面下で進められた構造変化の結果じゃないのか?今まで通りじゃ稼げない構造になったんじゃないか?ならばその構造に合うように変化する。強い者・頭の良い者が生き残るんじゃない、変化する者が生き残るのだ。若さとは人生のある時期の事を言うのではない、心のあり方のことをいうのだ。何を考え、どういう生き方をして、今から何をやろうかという事なのだ。揺るぎない信念、あふれる想像力、一歩を踏み出す勇気、情熱、夢。立ち上がれ。カウント10で取るファイティングポーズ。


ZUNDO屋@新宮
f0150355_931711.jpg

白を基調とした外装、内装は凄く清潔感がある。ラーメン(390円)を注文した。



ラーメン 390円
f0150355_964293.jpg

白の中に在る黒の丼の存在感。豚骨臭が少なく、豚のコラーゲン質でトロッとした柔らかな口当たりのスープは出汁の旨み主導で重くも無くスイスイと飲める。いわゆる今風のトンコツスープ。コレが390円ですからコストパフォーマンスが高い。シュルッとした細麺とスープの絡みも良い。390円という値段が効いているね。チャーシューの塩分、スープの塩分。出汁と塩で食わせるネオ豚骨ラーメンという印象。隣でちゃんぽんを食べているがこちらも旨そうだ。



ごちそうさまでした。
[PR]

by cafeh | 2010-06-03 09:15 | 福岡市周辺

<< 海鳴@清川 いち押し@春日 >>