天砲@春日

□骨の上にも3年・・

春日の地に大砲ラーメンの免許皆伝店が出来たのが約3年前。あの頃と比べて天砲はどうなっているのだろうと再訪。お昼時をやや外しているがほぼ満席の店内。流行っております。


天砲@春日
f0150355_756968.jpg

昭和レトロで統一された店内。レジ付近で駄菓子を売ったりと、ココが大砲ラーメン継承店である事を屋号を隠されていてもラーメン好きならピンとくる仕様。ラーメンは大きくけて2種類、ラーメンと久留米屋台ラーメン。大砲ラーメンでいう昔ラーメンが久留米屋台ラーメンにあたります。餃子5個、餃子10個などきっちり大砲を周到したメニュー構成。子供向けのメニューからご飯物まで客のニーズに応える仕様も途切れない客足の一因になっているのでしょう。



ラーメンを普通で注文した。



ラーメン 480円
f0150355_834088.jpg

大砲系店舗の中で最も低濃度豚骨スープは健在でした。レンゲで掬っても髄の“ズ”の字も見当たらないサラリとしたスープですが、キッチリ旨みはある仕様。3年前は若い感じのするスープだなーと思っておりましたが、3年これを貫き通し途絶えない客足を見てしまうと、コレが天砲流トンコツスープと認めざるを得ません。久留米の濃厚呼び戻し白湯豚骨スープに慣れていない博多人なら、スープを飲んだ人によっては濃厚!と感じるかもしれませんし、アッサリ!と感じるかもしれないニュートラルな立ち位置のスープです。(あたしは後者です。)あえてここら辺の濃度に合わせて来ているのなら、店側の上手さの勝利ですね。しかしあたしはもうちょっとドギツイのが食べたいのが本心です。やや後口が悪いのが気になります。



ごちそうさまでした。
[PR]

by cafeh | 2010-05-28 08:11 | 福岡市周辺

<< 角屋@春日 博多ゆるり@駅東 >>