むらまさ@唐津

唐津に来ています。何日も浸っていたい、そんな気がしています。 中でもお気に入りは、宮田の松露饅頭。かわいいですよ。



・・・じゃなかった。唐津に来るとどうしてもこのCMのこのナレーションが頭にリフレインする。横浜ラ博のテスト期間を経て凱旋。厨房には佐野氏の姿も見えます。製麺機に向かって鬼の形相を見せていますが本当は優しい人・・らしいのですが、、あたしは怖か・・。駐車場は満車、警備員も2名配置して安全確保。満員御礼につき待ちも出ています。平日昼間でこれだもの、週末になると大行列になるんではないでしょうか?すぐそこには唐津の大巨人の“一竜軒”あり、いやはやスゴい所に出店してきました。

むらまさ@唐津
f0150355_8163884.jpg

木の良い匂いが漂う清潔な店内。券売機で“玄界灘塩らぁ麺”と“醤油らぁ麺”を買い席に。ややオペレーションにもたつきはありますが次第に落ち着く事でしょう。



玄界灘塩らぁ麺 600円
f0150355_8193138.jpg

オープン記念で数量限定ですがどうぞ・・と渡された“一の塩”。唐津産のこの塩で作られた玄界灘塩らぁ麺。ややもすれば甘さを感じる程丸い塩の旨みと出汁が合わさったスープ。もう一口!とついついレンゲが出る程度に抑えられた絶妙の旨み加減の調整が上手いなぁ。佐賀産の小麦を使った艶やかな麺は最後まで劣化せず風味豊かに食える。卓上のゆず胡椒を入れるとフワリとゆずの風味、辛味は無くスープも壊さず変化する。

醤油らぁ麺 600円
f0150355_8254111.jpg

唐津のマツキン醤油を使っているらしいが、やや魚介のクセを感じるスープです。麺は塩ラーメンよりもやや太く小麦の香りもこちらの方が豊かです。ふっくらとして艶やかな麺。塩と比べてしまうが断然醤油に使用されている麺の方が旨いと感じます。玄海塩らぁ麺にも入っているチャーシューですがこのロース肉のチャーシューは旨いです。


塩と醤油どっちか選べと言われれば僕は醤油を選びます。地産地消を実現したこの高い完成度のらぁ麺を600円で提供できる佐野氏恐るべしと思った次第です。帰り道に一竜軒を覗くとこちらも満員御礼。あとは地元の方に受け入れられるかが気になるところです。福岡から西九州道を走って食いに行く価値は十分にあると思いますので気になる方は是非。



ごちそうさまでした。
[PR]

by cafeh | 2010-04-24 08:36 | 佐賀県

<< 呑龍@熊本市 島系本店@志免 >>