一幸舎@筒井

□グーグルで“温水洋一”と画像検索かけると
 何故かSMAP草なぎ君の写真が出るので不思議だー

 ・・と書いたのはブログ本文に検索機能をつけました。
 本文中の調べたい単語をなぞるとアラ便利♪検索・翻訳・youtube・wikipedia・・といろいろ飛べます。
 携帯電話からと一部ブラウザは未対応のようです。



一幸舎太宰府インター店へ行ったのは未食だった博多デイトス店限定の“きらめき”を啜ろうと思ったから。券売機のきらめきのボタンには売り切れランプが点灯。店員さんに売り切れか?と尋ねるとまだやってないとの事・・おいおーい!フライング告知はイカンJARO・・・。

一幸舎@筒井
f0150355_2535699.jpg

ここ太宰府インター店は博多デイトス店限定の“きらめき”が啜れるだけでなく、博多元助・元勲のつけ麺に加え太宰府インター店限定の皿うどん、大名・中洲・太宰府インター店限定の特製からあげと1人一幸舎テーマパークと化しています。太宰府インターをつかって福岡市観光に訪れた方はここで啜ればなんとなく今の博多のラーメン事情の最前線が味わえる事請け合い、大変オススメです。

“きらめき”にふられた僕は先日食べたアレをアレで・・。



元勲つけ麺 あつもり 300g
f0150355_304959.jpg

先日食った博多元勲のつけ麺の麺が気にいったのであつもりにしたら・・?というような記事を書いたので早速あつもりで啜ってみた。結論はあつもりじゃないほうが好き。水でギュッとしめられてゴニュゴニュと奥歯で抗うグルテンの心地よさが消え、お互いがベターっと引っ付く麺はあまり面白いものではない。でもつけ麺の麺が冷たいとつけ汁の温度がダダ下がりするもんなー。つけ汁の器の底に熱燗機能付きの燗番娘みたいに発熱装置をつけてつけ汁の温度をキープ出来んもんだろうか?なんとなーく工夫次第で出来そうな気もするのですが・・。

f0150355_393394.jpg

あつもりにするとこれ程印象が変わるとはねー。そもそもあつもりと水でしめる麺と同じ麺でやる事にやや無理があるような気もします。つけ汁は相変わらず塩分が高いですが意外とサラッとしております。

あらためて一幸舎の券売機をマジマジと眺めて吉村氏が仕掛けるラーメンは僕みたいな素人にもわかりやすくて面白いなぁーと。間違いなく博多という狭い池に一石を投じ、その波紋はジワジワと広がりつつあります。


ごちそうさまでした。
[PR]

by cafeh | 2010-01-14 03:17 | 福岡市周辺

<< 一心亭2号店@白木原 来福軒@久留米 >>