一楽@志免

□胃に何か違和感があります。
 経過次第では休載するかもしれません。


わが心の故郷“一楽”へ。
f0150355_645297.jpg

夕方前の店内は完全にアイドルタイム。大将がお客さんと世間話をしながらとてもゆっくりとした時間が流れる。昼間の喧騒はどこへやら・・一楽はこういう側面も持っているのです。ラーメン(カタ)と唐揚げ定食(大盛り)を注文した。



ラーメン
唐揚げ定食大盛り
f0150355_6474571.jpg
f0150355_6475273.jpg

ラーメンはいつもの感じ。出汁がゴツン、やや塩気が強く、素ダレでグイっと食わせる定食屋系ラーメンのお手本のような感じ。濃いめの出汁と塩気とグルソウでジワジワと喉がカラカラになって行きながら飯を欲してしまいます。思わず“小飯!”と言ってしまいそうな感じ。ここのラーメンは小飯とセットで食うのが一番旨いなぁ。

唐揚げはサクッとクリスピー状に上がっており鶏肉のジューシーさで食わせるというよりも衣のクリスピー感主導でサクサク食わせるジャンクタイプ。一楽の定食類の醍醐味は何と言ってもご飯の量。普通に食べたい方は飯は“小”にしたほうが吉。大盛りにすると写真のような日本昔話にでてくるような男前な盛り方で出てきます。男前な盛りの山盛り御飯をモリモリ食ってるのは嫁です。

僕は無理です。


ごちそうさまでした。
[PR]

by cafeh | 2010-01-06 06:53 | 福岡市周辺

<< 金龍@半道橋 一蘭@中洲 +暮れの事 >>