天下一品@博多駅前

□天下に類なきもの すなわちこれ天下一品なり

天下一品@博多駅前
f0150355_176252.jpg

天下一品(以下テンイチ)が大野城から無くなってどれくらい経つだろうか。最初に大野城でテンイチのラーメンを食べたときは本当に驚いた。鶏と野菜で作られた超濃厚スープに井の中の蛙、狭い料簡しか持たぬ我々福岡トンコツ民族は“鶏と野菜でこんなに濃厚なものが出来るのか?”と衝撃を受けた。博多駅前に移ってスープが徐々にライトになって行くにつれて僕はテンイチから足が遠のいた。今はどうなってるんだろう?かなりぶりの再訪となりました。

ラーメンはこってりと普通の2種類を注文した。
(※画像は全て普通の方です)




ラーメン(普通)
f0150355_1725225.jpg

ニンニクは抜いた。こってりの方を啜ってもやはり感じるライトさ。もっとコッテリの方が旨いと感じるのは僕だけでしょうか?一緒に啜っていた初めてテンイチを食べる某が“味噌汁に玉子入れたみたいな味・・”とボソッと呟いたのには妙に納得してしまった。そーいや玉子麺だもんね。

ライトになったとはいえネッチョリとスープが麺にまとわりつく。この粘度はスープとソースのギリギリのライン。ポッテリとした中太麺・・と書きたいが細麺。なんでこんな麺にしたんだろう。柔らかいポッテリとした中太麺で食べたい。カタ麺指定の方もかなりいらっしゃいますが、テンイチでカタは大クエスチョンマークが点灯する。なんでもかんでも“カタで!”と言ってしまう風潮は福岡市が北部九州一帯に発生させた害悪だと思っとります。

f0150355_17501277.jpg

スープ(ソース?)がベロベロネッチョリと麺にまとわりつき割り箸が重たい。ライトになったとはいえ啜り終わると4分の1ほどしかドンブリにはスープが残っていないような状態。それほどスープは啜ってないのですが・・。重たいスープですが胃は重たくならずにアッサリと完食。それどころか更なる濃厚さを求めて体は若干欲求不満気味・・。まだまだ僕も若いようです(笑)

やっぱりテンイチはたまに食べてみるようにしてみます。

次はこってりのスープを煮込んでもらって“割り箸が立つほど”超こってり仕様で食ってみたいなぁ。

ごちそうさまでした。

f0150355_17563232.jpg

[PR]

by cafeh | 2009-12-16 17:58 | 福岡市 博多区

<< 黒門@遠賀 三洋軒@久山 >>