三洋軒支店@志免

ひと雨1℃というように雨が降るたびに寒くなってきてます。



三洋軒支店へ。早朝からトラブル処理、小雨がパラつく中夕方4時半過ぎに遅めの昼食となりました。先客0名。暖簾をくぐると大将が天井からつり下がったTVの下の作業台で豚バラ肉を処理していた。夜までのアイドルタイムは非常にのんびりした感じでよい。赤いカウンターに一人座り、麺茹での釜の蒸気越しに厨房を覗くとゆっくりとタイムスリップしていくような感覚に落ちてゆくのです。22日の冬至に向かうにつれて日照時間は短くなり夕方5時前の曇天の下ではすでにホンノリとうす暗く、夜の帳が下りてきて街に灯がともるまでの素敵な時間。これをマジックアワーというのですが、今日の一杯はまさにマジックだったのです。

三洋軒支店@志免東公園台
f0150355_8235143.jpg


ワンタンメン(550円)を注文した。麺をほぐしハラハラと釜におちてゆく様を見ていた。中年の女性が一人で入店。「ラーメンを1つ下さい。麺は柔らかめの方がうれしいのですが」と言った。柔らかい物腰と丁寧な言葉にハッとさせられた。そして色々と考えながらワンタンメンを待った。



ワンタンメン 550円
f0150355_8305486.jpg

出てきた瞬間にアレレ?と思った。時間が時間なのでもっと煮詰められてヒネた感じの豚骨が出てくると思ってたのにスープはクリアで随分と綺麗だ。口に含めばフレッシュな若いスープだった。夜に向けて仕込んだ最初の一番搾りを頂いたのかしら?出汁がポゥっと広がり豚の少しクセのある匂いが鼻にフッと抜ける。当たりだ!ここ数カ月の三洋軒支店で一番いい。スープがいいので胡椒を振ってみたくなった。少し多めに胡椒を振る。柔らかいスープの輪郭がややシャープになる。これもまたいいなぁ。

麺もワンタンも旨いが今日はスープの勝ちだ。

こういう雰囲気でいつまでラーメンを食べれるのかな?
諸行無常とは言うけれどずっと続けばいいのにね。

f0150355_8365437.jpg
f0150355_837014.jpg
f0150355_83756.jpg



ごちそうさまでした。
[PR]

by cafeh | 2009-12-01 08:39 | 福岡市周辺

<< 堤飯店@堤 永楽苑@長崎 >>