一休軒鍋島店@鍋島 (他)

□今日は引越しday

この町を出てゆく事に
決めたのはいつか君と
話した夢の続きが今も
捨てきれないから

(Song by :Mr.Children 星になれたら)

・・ではありません。
色々と大人の事情です!税金とか・・。



~閑話休題~



f0150355_7105070.jpg


元祖再開から約一週間経ったので再訪した。AM6時開店直後の一番搾りを頂こうと5:45分頃に到着するもすでに行列は発生していた。6時頃に車からモソモソと出て列に並ぶ。ちょうど僕の前で満席御礼につき着席できず・・。むー!朝の6時でっせ?朝っぱらからトンコツラーメン啜りに20人超の行列って全国津々浦々探したってココしか無いだろう。トンコツの民が集う福岡に生まれてよかったと心底思う。・・・あ!肝心の味ですがすっかり元の元祖に戻ってます。ややバタついたオペレーションも元通りになってます。


車を走らせ“ニシヘヒガシヘ”。

一休軒鍋島店へ。温暖な九州地方では珍しいW扉を開け暖簾をくぐり店内へ。寒い時期にはこのW扉って重宝するんだよね。ドア際の席でも寒風が吹きこんで寒い思いをすることがありません。

一休軒鍋島店@鍋島
f0150355_7273039.jpg


運動会の翌日だからなのかな?やたらと小学生くらいの子連れの客が多い。


ラーメンを普通で注文した。



ラーメン 550円
f0150355_7295738.jpg

ややクリアな印象のきれいなスープだね。キラキラと脂の輪っかが跳ねる。ズズ・・っと口に含んだ瞬間ジュワワー!と広がる深い旨みの海。今日は当たりだ!アッサリしているが深いコクと旨みに小躍りしそうになる。ペランと薄いチャーシューは若干の塩気を運んできながらもスープをアシスト。ああー・・今日の一休軒は美味しいなぁ。シミジミと沁みる哀愁味がどんピシャリでストライク。

f0150355_735791.jpg

麺は佐賀仕様でしっかりヤワい。ポクポクした口当たりでスープとの相性も良い。

好きだなこういう感じ。
f0150355_7443830.jpg



ごちそうさまでした。


美人活力促進食堂 ねばトロや@今泉で豆乳ねばトロ麺(680円)。
f0150355_7512440.jpg

豆乳麺と言えば“北の麺蔵@板付”での豆乳ラーメン(780円)が思い出される。食べて健康に美しくなろう!と謳っている同店での豆乳麺はややピリッとする豆乳スープにトロロが乗り、具にはオクラも入りまさにネバトロ。丸くなりがちな豆乳スープに鶏がらと鰹出汁で力強さを出しているのもなかなか良い。麺はやや煮込みすぎか?まったくコシのないたまご麺。もうちょっとプリッと上げてくれると大変おいしく頂けます。豆乳×たまご麺という組み合わせはいかにも女子受けが良い感じです。豆乳のイソフラボンでアンチエイジングどーでっしゃろ?

単品で頼むと680円ですが、お昼のランチセットで食べると780円で3種の小鉢とサラダがついてますますお得です☆

f0150355_822434.jpg
f0150355_823252.jpg

[PR]

by cafeh | 2009-10-07 08:11 | 佐賀県

<< 元祖 美野島家@美野島 てんま@通古賀 >>