三洋軒@篠栗

三洋軒の中でも立ち位置は最左翼。

三洋軒といえばオールドスタイルの店構え、渋い顔した大将がサラリとベーシックな一杯を繰り出すイメージ。奇をてらわずに策も弄せずにトンコツ一本勝負。どこか保守的なイメージがつきまといますが、ここは違います。メニューにはベースのトンコツはもちろん味噌に醤油はたまたチャンポンまである。地獄の1丁目から最上位の天国まで辛さに挑戦できるチャレンジ系メニューもありとくれば一体この三洋軒はどこに行ってしまうのだろう?と不安と興味が半分半分。しかし味噌ラーメンは味噌ラーメンと呼ぶのに対し醤油ラーメンをなぜここでは“クレオパトラ”と呼ぶのか?常に僕の感覚の2.5歩先を歩くのでややシンクロ率は低めです。いや!三洋軒@篠栗側に引き込まれないようにプラグ深度はあえて浅めの設定で入店します。食う前からATフィールド全開!

三洋軒@篠栗
f0150355_10443330.jpg





ラーメン 500円
f0150355_10474144.jpg


結論から先に。
スープ表面を覆う獣臭のする黄色い脂が苦手。今は無き九紋龍@水城の悪い時にそっくりだ。この脂の正体がなにか知りませんが豚骨を煮た時に出るものなんでしょうか?ちょいちょいこういう脂が浮いた一杯に出会います。チャーシューは表面を炙ってからスライスされておりなかなか旨い。やや太目の麺もツルんとした食感で好きだ。しかしこの黄色い悪魔がなぁ・・。芋焼酎のように臭い臭いと思いながらもクセになっていくのでしょうか?

f0150355_1053532.jpg


THE!ブーターー!!という感じのスープはかなりのクセモノ。匂いでグイグイ押してくるが基本はアッサリしているので余計に匂いが前面に出すぎてギブアップしそうになる。味と香りのバランスという事を始めて意識させてもらった一杯という点では感謝しております。コクの無さを黄色い脂と素ダレの醤油の甘みでバックアップしているような印象を受けます。

地獄ラーメンですが基本の1丁目から天国まで。天国まで上り詰めれば辛さは1丁目の5000倍というトンデモ設定になっております。お誕生日や卒業式など人生の節目節目に食べていただければお尻の痛みと一緒に忘れられない思い出になるでしょう。



ごちそうさまでした。

過去の記事・店舗情報の検索はこちらをご利用下さい。
ラーメン屋INDEX
f0150355_1115374.jpg
f0150355_112513.jpg
f0150355_1121473.jpg
f0150355_1122714.jpg
f0150355_1123447.jpg

[PR]

by cafeh | 2009-09-21 11:02 | 福岡市周辺

<< めんめん@三筑 博多新風@高宮 >>