もち月@博多駅南

駅南のもち月へ。

f0150355_805139.jpg


魚介豚骨を注文する。



魚介豚骨 650円
f0150355_812198.jpg

デフォのトンコツよりはあっさりとしたトンコツに魚介を合わせた一杯。魚介×トンコツの一般的なイメージが濃厚ならばもち月の魚介豚骨は“あっさり”とした一杯。クドさと紙一重の濃厚さで瞬発力を出す魚介豚骨では最後の方にはスープに飽きてくるような感覚があるが、サラっとしているので最後の方までレンゲが進む。
f0150355_842442.jpg

魚介豚骨用に作られたという太い平打ち麺は軽いウェーブが起こす唇を震わす感覚と、麺を噛んだ時のややモチっとした食感が珍しい。もっとゴワっとしたらスープが麺に負けてしまいそうだけどこの柔らかな魚介豚骨ならこの柔らか麺の方が合うね。

チャーシューがうまいので+200円でチャーシュー麺にするのもいいと思います。




ごちそうさまでした。



過去の記事・店舗情報の検索はこちらをご利用ください。
ラーメン屋INDEX

f0150355_883666.jpg
f0150355_884314.jpg





以下、魚介豚骨に思うこと。
少し長いです、読み飛ばしていただいて構いません。

自身の中ではすっかり魚介豚骨というスープには飽き飽きしているのだがたまに注文してしまうのは、最近の東京主導の“流行りの味の傾向”に福岡も踊らされてるのかなー?なんていう恐れに似たような気持ちからなのかもしれません。

確かにもち月の魚介豚骨は旨いが個人的にはベースのラーメンの方が何倍も旨くていつまでも食える味だと思っております。期間限定!と謳っていた魚介豚骨もなんとなくニュルニュルといつの間にかレギュラーメニュー入りしてしまったような感もありますが、個人的には外していただきたい。それが結果的に長く地域に愛されるラーメン屋になっていく道のように思えます。

ラーメン屋の面白いところは決して立地的には良くない、メディアには一切取り上げられない、入れ替わりの激しい飲食店としてはあまりに特異な形態で営業されている個人店がたくさんあります。年季の入った店内の古いカウンターで出される飾りっ気のない珠玉の一杯。そういうモノに出会った時に上等な酒に酔ったような気持ちにさせてくれる感動を残したくて僕はブログを始めたのかも知れません。


さぁ!豚骨の民よ!そろそろ魚介の纏いを脱ぎ棄てよ!
[PR]

by cafeh | 2009-09-18 08:39 | 福岡市 博多区

<< 入船食堂@住吉 宝来軒@筑前町 >>