らさろ亭@飯倉

夜が段々と涼しくなってきている。8月上旬の猛暑ッぷりを考えると“なーにが・・暦の上では秋だよ・・”なんて思っていたが、秋の足音を感じます。


飯倉のらさろ亭へ。らさろとは大将が住んでいたメキシコの町の名前から取ったという事。店名も個性的ならメニューも個性的なメニューが並びます。前回よもぎ麺を啜った時に、スパイシー麺が気になると書いてからしばらく経ちましたが再訪です。

らさろ亭@飯倉
f0150355_8581123.jpg




お昼時真っ盛りという時間帯にも関わらず先客1名、後客1名。荒江から野芥口へ抜ける国道263はラーメンストリート、らさろ亭の個性をもってしても少々苦戦か?チーズオニオンベーコンスパイシー麺(600円)を頼む。チーズオニオンベーコンスパイシー麺の麺をバーガーに変えてみるとマックのメニューっぽく聞こえる。

チーズオニオンベーコンスパイシー麺-600円
f0150355_924079.jpg

予想に反してスープが多い。もっと油そば的なマゼマゼタイプを想像していたのだが。とろけるチーズの上には炒めたオニオンとベーコンが乗り、刻んだネギがたっぷり。まずは混ぜずにスープを頂く・・。とんこつにチーズの風味が混ざりなんとも具合の悪い。トンコツとチーズってあんまり相性が良くないのだろうか?別々に食べるとどっちも大好きなんだが合わさるとクセが前面に出てなんとも具合の悪い。トンコツ×チーズのコラボといえば頭をよぎるのが筑紫野の栄龍軒のチーズラーメン。トンコツ×チーズってあんまりいい思い出無いんだよなー。

f0150355_9114380.jpg

f0150355_9193133.jpg


ブツブツ言いながらまぜまぜっとして食べてみるとこれが大変身。なんとも不思議な感覚だなぁ。僕のラーメンという小さな固定概念を持ち込むとクエスチョンが点灯するが、こういう食べ物だと思えば不思議な未体験ゾーン。ラーメンのメキシコからの逆輸入版だよこれはー。チーズが溶けてスープに混ざり込みトローっと麺に絡みつく、炒めたベーコンとオニオンと一緒に口に運べばまるでカルボナーラのようだ。しかし視覚的にはラーメンなんだよな・・。視覚と味覚のズレを脳みそが必死に修正しているのが分かるが追いつかない(笑)

f0150355_9173972.jpg


結論:旨いのは認める!でも疲れちゃう!(笑)

ラーメンのボークギリギリの超変化球としてコレはコレでいいのではないでしょうか。



ごちそうさまでした。
[PR]

by cafeh | 2009-08-26 09:20 | 福岡市 城南区

<< 大久ラーメン@鳥栖 大恩@神埼 >>