大恩@神埼

34号線沿いの自由麺工房大恩へ。

独自路線で展開する面白いつけ麺を食いにきた。
f0150355_7522196.jpg


濃厚魚介豚骨、無添加スープ、自家製麺と謳われるとどーしても確かめたくなる。広めの駐車場はお昼時を外しているというのに7割がた埋まっていた。木目を基調の清潔感あふれる店内は奥が禁煙室となっている。ラーメンを食べている時に紫煙が漂って来ると帰りたくなるので、こういう配慮は大変うれしい。

つけ麺は2種類。味噌と魚介豚骨。味噌の方は200-300-400gと麺の量が同額で選べるが、魚介豚骨の方は並(460円)-大盛(520円)-特盛(580円)という設定。麺が違うのだ。魚介豚骨の方は5月末から小麦全粒粉からライ大麦全粒粉に変更となっている。


ライ大麦全粒粉を使用の極太自家製麺かー!これは気になる!


魚介つけ麺を並で注文し、入れるとコクが増すという“えび玉(10g-110円)”を追加した。

茹でるのにお時間8分ほど頂きますと言われしばし待つ。



魚介つけ麺-並(460円)
えび玉(110円)
f0150355_843010.jpg


うおー!なんじゃこれー!見たこともないような麺に目を奪われる。少し透明感のある艶っぽい麺のなかには粗挽きのライ大麦が混じる。つけ汁に入れる刻み玉ねぎとネギの薬味類が別皿に乗り、左上の赤い玉が追加注文したえび玉だ。まずは何もつけずに麺だけ啜る。グルテンが入ってないのでモチモチとした食感。噛むと奥歯でニチっと小さく抗い、粗挽きのライ麦粉のザラっとした食感がいいアクセント。面白い麺だなぁ。ゴリゴリした極太麺をワシワシ食べる荒っぽさこそないが、艶やかなねっとりした麺を啜るエロチシズム系つけ麺。しばらくこれがつけ麺であるという事を脳みそが認識するまで時間がかかった。

f0150355_8122284.jpg


艶っぽいセクシー麺の出来に比べ、つけ汁とえび玉が少し惜しいと感じた。つけ汁の濃度をもっとあげてもおもしろいのではないか?さらっとしていて、すこし塩気が強すぎる。えび玉を入れたときの違いがあまりよくわからなかったのは残念。コクが出るというよりエビ玉に入っている唐辛子の辛さが出過ぎてエビの良さがあまり伝わってこなかった。

麺は面白い!しかしつけ汁が追いついていない。麺勝ちの状態。ここがもうちょっと改良されたらオンリーワンになれるなぁ。本当面白い麺ですよこれは。

佐賀発でこんな独創性あふれる一杯を発信する大恩。ちょっと目が離せない一軒が出てきた。


ごちそうさまでした。

f0150355_818154.jpg

f0150355_8175085.jpg

f0150355_8181057.jpg
f0150355_8182157.jpg
f0150355_8182837.jpg
f0150355_8183528.jpg

[PR]

by cafeh | 2009-08-25 08:19 | 佐賀県

<< らさろ亭@飯倉 一番亭@直方 >>