にしざわ@竹下

竹下の駅前飯店が閉ってどれくらい経つだろうか?
おばちゃん元気かなぁー?と伺うも暖簾はいつも揚がっていない。

どうしちゃったんだろう・・。

今日も駅前飯店の前を通る。
店のドアが開いていていたが果物や野菜のダンボールが山積みになっていた。
隣の青果店が倉庫としてしようしていた。

閉店されたんだろうか?

迎いのにしざわに入り焼き飯の中を頼む。
f0150355_17293167.jpg


カウンターの向こうではお父さんがジュジューと鉄板を言わせながら焼き飯を作りだした。
f0150355_17284727.jpg


駅前飯店の話をふる。
ガンで体調を崩され暖簾を下ろしたそうだ。
もうあの塩っ辛い380円のラーメンは食べることはできないのかな?
なんだか知らないけど涙が出そうだ。そんなに親しくはないんだけどね。

お母さんが外から戻ってきた。
道路に面した鉄板でコロコロとたこ焼きを作りだす。
なんとも静かな竹下商店街の昼。
f0150355_17323850.jpg

駅前飯店の前に山積みになったダンボールをにしざわの窓越しに眺める。





程なくして焼き飯が到着した。

焼き飯(中)400円
f0150355_1735859.jpg


塩っけがちょっぴり強いのは涙のせいかな?
モタっとした焼き飯にシャクっとしたピーマンがいい感じでアクセント。
なんて事ないが好きな感じ。
駅前飯店のヒサシを眺めながらゆっくり食べた。



ごちそうさまでした。

f0150355_17401134.jpg

f0150355_17404258.jpg
f0150355_17405333.jpg

[PR]

by cafeh | 2009-05-09 17:41 | 福岡市 博多区

<< ふとっぱら@大名 福一@那珂 >>