水城らぁ麺@水城

いまだ咳だけが止まらずコンコンと出続けるので野菜がたっぷりのちゃんぽんでも食べようかと暖簾をくぐる。カウンターに座りメニューを見上げると“カレーラーメン600円”の文字。値段は600円とチャンポンと一緒。そーいやカレーラーメンは未食だったな。予定変更でカレーラーメンにした。自分の中だけの話だが、ずいぶんとカレーラーメンというジャンルが確立されてきた感じがある。しかしまだまだ脳みそがラーメンと認識しない部分もある、でも違和感なく食えちゃってるという不思議な立ち位置。“ら、ぱしゃ”でカレーラーメン食べた時にやるなぁ!カレーめ!といい意味で裏切られたので今後旨いカレーラーメンが増えると嬉しいです。カレー+麺という部門ではすでにうどんが完成されちゃってるので、ラーメンもそのうちスゲー一杯が出ることに期待です。

UFOが着陸したような看板。
出来た当初はインパクトあったが随分と見慣れました。
南九州方面から帰福の際にコレを見ると帰って来たぜ!となるランドマーク的な存在でもあります。
f0150355_90568.jpg






カレーラーメン600円
f0150355_911465.jpg


まずはスープをば・・。ズズズと啜る。サラッとした感じで旨いのだが、風味は日清のカップヌードルカレーと被る。日清のソレを知らなければウミャー!これ!となりそうだけど、ソレを知ってるからどこかいまいちノリ切れない自分がいるけど、これはこれで悪くはないね。

やっぱり水城らぁ麺は麺が好きだなぁ。自家製のもっちりとした感じの麺で時間が経って来るとスープを含んで柔らかくなっては来るけどそれもまた旨いという感じ。最近のやわ麺マイブーム到来のせいかも知れんが非常に好きだ。チャンポンなんかも野菜がてんこもりでワシワシ野菜と格闘しながらこの麺を啜ると一息♪といった感じでとても好きだ。
f0150355_994261.jpg


カレースープを啜っているとどうしても米が欲しくなるね。今回はパスしたが次はぜひとも。このカレーラーメンとチャンポンが同じ値段ならどうしてもチャンポンの方がお得感があるね。値段は一緒でいいからカレーラーメンの方にはお茶碗半分くらいの“半ライス”をつけてくれたら嬉しいな。最後残ったスープに半ライスをボチョ!って入れてスープ雑炊みたいにして食べる。いいと思うけどなぁ。ラーメンも好きだしカレーも好きだ。ラーメンに小カレーが付くというセットメニューじゃなくて、ラーメンと小飯を食う感覚でラーメン+カレー+飯という一杯が出来たら凄くいいと思うのは俺だけでしょうか。そんなカレーラーメンにこっそり期待してるのです。

カレーラーメンを食べ終わったお客さんに“ご飯入れますか?”というやり取りも面白いと思う。確か牧のうどんのカレーうどんはデフォで小めしが付いて来てなかったっけ?カレー味を食うと白飯を食いたくなるのが日本人のサガならば、その痒いところに手を伸ばしてポリポリ掻いて欲しいとです。
f0150355_9164196.jpg




ごちそうさまでした
[PR]

by cafeh | 2009-04-06 09:18 | 福岡市周辺

<< 吉野家@瓦田 元祖長浜屋@港 >>