金龍@舞鶴

昭和浪漫的食堂系ラーメン店

食品サンプル用ショーケースがある入り口にスーパーカブが止まりここだけ昭和にタイムスリップ。引き戸を開け暖簾をくぐる。14インチのブラウン管テレビが天井から吊り下がった店内に木札に書かれたメニューがまた沁みる。

f0150355_17572546.jpg


ワンタンメンにミニカレーを注文。
半分系ご飯物が充実していて嬉しい。
ミニカレーなんて久しぶりだな(笑)
f0150355_17573633.jpg


まっ茶色のスープは醤油かと思うがなんとかトンコツ昔味。食堂系ラーメンにありがちなデフォルトで入っている胡椒や紅しょうががピリリとアクセントだが邪魔ではない。まさにこれが食堂系ラーメンの王道ではないか。
f0150355_1758251.jpg


スープにも麺にもガツンとやられるパンチ力こそ無いがいつまでも食えそうな包容力を具材の甘味が染み出したスープから感じる。ワンタンは皮が厚くモッタリしたやつがゴロゴロと入り野暮ったい。
f0150355_17581742.jpg


ミニカレーのルーは昔風のソースが似合いそうなモッタリしたタイプでかなり辛め。

くーっ!
どこまでもイナタイなぁ!こんにゃろめ!
f0150355_17582957.jpg



あー…
家の近所にこんな食堂があったらなぁ。と思える一軒。ここは天神のオフィス街からちょっと入った福岡都心部。平成の世にまだまだあるんだこんな店が。

f0150355_17584297.jpg





ごちそうさまでした。
[PR]

by cafeh | 2009-01-05 17:58 | 福岡市 中央区

<< 正龍軒@古賀 年末の事 >>